「Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島」の累計来場者2000万人達成を記念して、マツダが社会福祉団体に「CX-8」を贈呈

「Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島」の累計来場者2000万人達成を記念して、マツダが社会福祉団体に「CX-8」を贈呈

記事画像

9月12日、マツダは「Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島」の累計来場者数が今年8月13日に2000万人を達成したことを受けて、「社会福祉法人 清流 可部つちくれの家(広島市安佐北区)」に、マツダの新型「CX-8」を贈呈した。

社会貢献活動の一環として同スタジアムへの来場者数が100万人を達成するごとにマツダ車一台を社会福祉団体に贈呈

 贈呈にともない、同日同球場で開催された「広島東洋カープ 対 中日ドラゴンズ」の試合開始前に、マツダの丸本明代表取締役社長兼CEOより、贈呈先の代表者に目録を贈るセレモニーを実施した。

 この取り組みは、マツダが広島市民球場の命名権取得の際に社会貢献活動のひとつとして広島市に提案したもので、来場者数が100万人を達成するごとに、社会福祉法人 広島市社会福祉協議会により選定された社会福祉団体にマツダ車を1台贈呈している。

 今回の贈呈にあたり、丸本社長は次のように語っている。

「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島の累計来場者数2000万人達成をお祝い申し上げます。今年5月の1900万人達成からわずか31試合での達成は、多くのファンの皆さまと選手が一体となって熱い戦いを繰り広げていることの証であり、広島の街は大いに元気づけられています。私たちマツダも地元に根ざした企業としてお客さまとの絆を深め、これからも地域の発展に貢献できるよう努めてまいります。最後に、今回お贈りするマツダ車が少しでも贈呈先の皆さまのお役に立てることを願っています」

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)