アイシン・エィ・ダブリュ:「LINEカーナビ」を トヨタ及びLINEと開発、新型カローラでも連携可

「LINEカーナビ」が登場 車のディスプレイへの表示やドライブ中でも音声操作が可能

記事まとめ

  • アイシン・エィ・ダブリュは、トヨタ自動車及びLINEと「LINEカーナビ」を開発した
  • 「LINEカーナビ」は、ドライブ中でも音声操作ができる無料のAIカーナビアプリ
  • 車のディスプレイに表示し、カーナビゲーションとして使用することも可能だという

アイシン・エィ・ダブリュ:「LINEカーナビ」を トヨタ及びLINEと開発、新型カローラでも連携可

アイシン・エィ・ダブリュ:「LINEカーナビ」を トヨタ及びLINEと開発、新型カローラでも連携可

記事画像

アイシン・エィ・ダブリュは、トヨタ自動車及びLINEと新作アプリ「LINEカーナビ」を開発した。「LINEカーナビ」は、スマートフォン単体で動作するほか、9月17日発売のトヨタ自動車の「新型カローラ」より、車のディスプレイと連携したサービスが開始される。

「LINEカーナビ」は、LINEのAIアシスタントである「Clova」を車内で利用でき、ドライブ中でも音声操作による「目的地の検索、設定」などができる無料のAIカーナビアプリ。さらに、車載機器とスマートフォンを連携するSDL(Smart Device Link)に対応することで、車のディスプレイに表示し、カーナビゲーションとして使用することも可能。アイシン・エィ・ダブリュがこれまでカーナビゲーションシステムの開発で培ってきたナビ案内・位置情報活用技術を活かし、走行中の車両から収集した交通状況を元に算出したルートや、目的地までの正確な所要時間を提供する。

 地図のアップデートについては、高速・有料道路※は最短で即日(平均10日程度)で更新、新しい道路情報で快適なドライブを楽しめる。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)