新型ルノー・ルーテシアとアルピーヌA110Sが見られる! ルノー&アルピーヌが第46回東京モーターショーの出展概要を発表

新型ルノー・ルーテシアとアルピーヌA110Sが見られる! ルノー&アルピーヌが第46回東京モーターショーの出展概要を発表

記事画像

9月24日、ルノー・ジャポンおよびアルピーヌ・ジャポンは、10月24日に開幕する「第46回 東京モーターショー」の出展概要を発表した。

10月9日に発表される予定のニューモデルも展示

 ルノー・ジャポンは「Passion for life(パッション フォー ライフ)」をスローガンに、 ユーザーが趣味や好きなことを楽しむことを、クルマを通じてサポートし、フランス文化や フランスのトレンドを取り入れたライフスタイルを提案。今回のルノー・ブースでは、このスローガンに沿った最新の3モデルを紹介する。

 ルノーの展示車両は、8月から日本でも発売された新型「トゥインゴ」の展示に加えて、日本導入が待たれている新型「ルーテシア」を参考出品。さらに10月9日に発表される予定の新型車(追加グレードモデル)も展示される予定だ。

 一方、アルピーヌ・ジャポンはA110をベースにエンジンのパワーアップやシャシーを専用にセットアップした「A110S」を参考出品する予定。

 なお、同ショーでのルノー&アルピーヌ・ブースは、東京ビッグサイト西展示棟西2ホールとなっている。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)