新型プジョー208を日本初公開! プジョーが10月19〜26日に東京・六本木ヒルズで独自のブランド体感イベントを開催

新型プジョー208を日本初公開! プジョーが10月19〜26日に東京・六本木ヒルズで独自のブランド体感イベントを開催

記事画像

プジョー・シトロエン・ジャポンはこのほど、10月19日〜26日の8日間にわたり、独自のブランド体感イベント「プジョーショー2019 -アンボーリング・ザ・フューチャー-」を東京・六本木ヒルズで開催すると発表した。

10月18日発売が予定されている日本初導入の新コンセプトMPV「リフター」も展示

 このイベントは、日本国内で好調な販売を記録しているプジョーブランドのさらなる浸透を狙いとした独自イベント。テクノロジーに支配されるのではなく、感動に溢れたクルマ創りを続けていくプジョーブランドの想いを込めた“UNBORING THE FUTURE(アンボーリング・ザ・フューチャー)”の新しいブランドビジョンとともに、電動化を含めたプジョーの現在と未来を体験できる場を提供するものだ。

 同イベントでは、2020年の第3四半期に日本導入を予定している新型「208」および「e-208(BEV=電気自動車)」の先行展示に加えて、18日のプレス発表会にて発表・発売となる日本初導入の新コンセプトMPV(マルチパーパスヴィークル)の「RIFTER(リフター)」を披露する予定だ。

 さらに会場には、好調なセールスを記録しているSUVの「5008」、フラッグシップサルーン「508」などの現行車種も展示。開催期間中は「308 SW」、「508」、「3008」の各モデルが会場周辺で試乗できるプログラムも用意される。

●「プジョーショー2019 アンボーディング・ザ・フューチャー」開催概要
・開催期間:2019年10月19日〜10月26日
・開場時間:11:00〜20:00(体験試乗は11:00〜18:00)
・会場:東京・六本木ヒルズ 大屋根プラザおよびヒルカフェ/スペース(東京都港区六本木6-10-1)

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)