三菱電機:インドに自動車用機器の新工場を建設

三菱電機:インドに自動車用機器の新工場を建設

記事画像

三菱電機は、インドにおける自動車機器の製造・販売拠点である Mitsubishi Electric Automotive India Pvt. Ltd(MEAI)の新工場をインド グジャラート州に建設し、インドの環境規制に対応した電動パワーステアリング用モーターコントロールユニット、GMR※1回転センサーおよびEGRバルブ※2の生産体制を拡充する。投資金額は約17億円で、稼働開始は2021年10月を予定している。※1 Giant Magnet-Resistance(巨大磁気抵抗素子)※2 Exhaust Gas Recirculation Valve(排ガス再循環装置用バルブ)

建設の背景と狙い

 近年、地球環境保護の観点から、インドでは自動車のCO2の排出量削減に貢献する製品の需要が増加している。当社は今回、MEAIの本社工場(ハリアナ州)の分工場として、新たにグジャラート州に新工場を建設し、インドの環境規制に対応した自動車用機器の生産体制を拡充する。今後も当社が強みとする燃焼制御やモーター巻き線を利用した製品を開発・生産し、自動車機器事業のさらなる拡大を目指す。

【新工場の概要】
所在地:インド グジャラート州
面積・構造:延べ床面積約20,000m2、2階建
生産品目:電動パワーステアリング用モーターコントロールユニット、GMR 回転センサー、EGR バルブ
投資金額:約17億円
稼働開始時期:2021年10月予定
環境・省エネ対策:LED 照明、太陽光パネル、生活排水の再利用、電力監視システムほか

【MEAIの概要】(2019年8月末時点)
社名:Mitsubishi Electric Automotive India Pvt. Ltd.(三菱電機オートモーティブ・インド)
代表者:稲谷 佳人
従業員数:535人
所在地:インド ハリアナ州
資本金:190百万ルピー(約3億円、三菱電機株式会社100%出資)
設立日:1998年10月29日
事業内容:自動車電装品(オルタネーター、電動パワーステアリング用モーターコントロールユニット、GMR回転センサー、パージコントロールバルブ等)の生産、販売

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)