極東開発工業:新型コンクリートホ?ンフ?車 「“HyperCP” スクイース?クリート PH80A-26C」を発売

極東開発工業:新型コンクリートホ?ンフ?車 「“HyperCP” スクイース?クリート PH80A-26C」を発売

記事画像

極東開発工業はこのたひ?、スクイース?式コンクリートホ?ンフ?車て?国内唯一の大型 車て?、国内最長・最強スヘ?ック(※1)となる26メートル級のフ?ームを搭載した「 “ HyperCP” スクイース?ク リート PH80A-26C」 (CP= Concrete Pump) を開発し、2019年10月15日に発売する。(※1.スクイース?式コンクリートホ?ンフ?車として。同社調へ?)

 新機種は、機動性の高いGVW16トン級(積載8トン車級)の大型ショートホイールヘ?ースシャシに、26m級フ?ームと、実用域て?の圧送能力を従来機(※2)に比へ?約17%向上させたホ?ンフ?ユニットを搭載した大型スクイース?クリートである。「残留コンクリートセ?ロ+低騒音」といったスクイース?式の特長て?ある環境性能と、機動力を兼ね備えた、コンクリートホ?ンフ?車の国内トッフ?メーカーて?ある極東開発工業のノウハウを活かした唯一無二の、まさにハイハ?ーな1台だ。
(※2.従来機種:スクイース?クリートPH80-26B)

 販売価格は6,400万円(希望小売価格、消費税抜き・シャシ価格込み)、販売目標台数は年間20台。極東開発ク?ルーフ?て?は、新機種の投入により製品ラインナッフ?を拡充し、特装車事業の強化を図っていく。

「“HyperCP” スクイース?クリート PH80A-26C」の特徴

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)