「つどい」をテーマに4台のコンセプトカーをワールドプレミア! ダイハツが東京モーターショーの出展概要を発表

「つどい」をテーマに4台のコンセプトカーをワールドプレミア! ダイハツが東京モーターショーの出展概要を発表

記事画像

10月8日、ダイハツは10月25日〜11月4日に一般公開される「第46回 東京モーターショー2019(会場:東京ビッグサイト)」の出展概要を発表。ワールドプレミアとなる4台のコンセプトカーを出品することを明らかにした。

4台のコンセプトカーは「暮らしのなかで使われているシーンや使う人の気持ちをイメージ」

 同ショーのダイハツブースでは「つどい 〜みんなの暮らしをあたたかく〜」をテーマに、人々や日本の各地域がクルマをきっかけに、元気になっていく「あたたかな未来の暮らし」を、ブース全体で表現する。

 また、すべての来場者が楽しめるモーターショーとなるよう、ブース内外での子供向けコンテンツも予定されている。ブース内にはキッズコーナーを設け、塗り絵体験などを実施。ブース外では、モーターショーで初めてとなる子供向け職業体験施設「キッザニア」とのコラボレーションエリアに、クルマを組み立てる仕事を体験できるコンテンツを出展する予定だ。

 ワールドプレミアとなる4台のコンセプトカーは、それぞれが暮らしのなかで使われているシーンや、使う人の気持ちをイメージして「IcoIco(イコイコ)」、「TsumuTsumu(ツムツム)」、「WaiWai(ワイワイ)」、「WakuWaku(ワクワク)」とネーミング。

 「IcoIco」は自動運転により、ファーストワンマイルやラストワンマイルでの活躍を目指した「パブリックトランスポーター」、「TsumuTsumu」はコンパクトながら、ビッグキャビンと使い勝手の良い大きな荷台を両立させた「次世代軽トラック」のコンセプトカーとして、これからの日本の暮らしを支えるモビリティをイメージ。

 「WaiWai」は心地よい広さのジャストサイズミニバン、「WakuWaku」は軽SUVのコンセプトカーとして、クルマ本来の楽しさを大切にしたダイハツらしいスモールカーの提案だ。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)