カローラ、カローラツーリング、カローラスポーツに標準搭載されたSDL対応車載器でカーナビタイムが利用に!

カローラ、カローラツーリング、カローラスポーツに標準搭載されたSDL対応車載器でカーナビタイムが利用に!

記事画像

本格カーナビアプリとして人気が高い「カーナビタイム」が、スマートデバイスリンク(SDL)に新対応。トヨタが先ごろリリースした新型カローラ系の標準AVシステムで便利に活用ができる。REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

カーナビタイム……無料(プレミアムコースは550円/月〜・税込)

 カーナビアプリの「カーナビタイム」が「スマートデバイスリンク(SDL)」との連携を開始。トヨタのカローラ、カローラツーリング、カローラスポーツに標準搭載されたSDL対応車載器で利用ができるようになった。

 これにより純正ディスプレイオーディオ上で、カーナビタイムの地図やルート案内など充実のナビ情報が表示でき、内蔵ソフトのように各種のコントロールも行える。スマホをダッシュボード上に設置して利用するよりも視認性がよく、安全・快適にカーナビタイムを利用できるようになるのだ。

 なお、今後カーナビタイムはSDLとの連携強化も進める予定で、目的地設定操作のボイスコントロール対応や、車両からの車速情報取得による自車位置表示精度向上などを図っていくという。


続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)