日産:4人に1人か?高速道路を『苦手と感し?る』ことが判明

日産:4人に1人か?高速道路を『苦手と感し?る』ことが判明

記事画像

日産自動車は、年末年始の帰省や旅行て?の長距離移動か?増える季節に先か?けて、高速道路の運転に苦手意識を抱えるト?ライハ?ーに、苦手な理由や高速道路運転時の意識に関する調査を実施した。

 結果、運転免許取得者の中て?およそ4人に1人か?高速道路の運転に苦手意識を抱える「高速道路ナーハ?ス」て?あることか?判明した。また、高速道路ナーハ?スの人の5人に2人か?「なるへ?く一般道を利用するようになった」ということもわかった。

 そこて?、日産は、なせ?、高速道路ナーハ?スになってしまったのか、その原因を考察し、克服の鍵を交通コメンテーターて?運転のエキスハ?ートて?ある西村直人氏にまとめてもらった。その結果、「脱・高速道路ナーハ?ス」には「速度をなるへ?く一定に保つこと」と「ハント?ル操作(ステアリンク?)をゆっくり行うこと」か?鍵となることか?わかった。

 高速道路の運転に関する苦手意識を調査したところ、全国の免許取得者のうち4人に1人(24.3%)のト?ライハ?ーか?「苦手と感し?る」と回答。また、毎週運転する“ヘ?テラント?ライハ?ー”て?さえも6人に1人(16.7%)か?苦手と感し?ていることか?分かった。

「高速道路の運転か?苦手と感し?るようになったタイミンク?」について尋ねると、約4割の人か?「運転免許取得後から一年以内」と回答。そして「運転免許取得時から10年以上後」と答え、運転歴か?長いにもかかわらす?、苦手と感し?るようになった人も約4割いることか?判明した。

 高速道路ナーハ?スの人か?苦手と感し?る高速道路のホ?イントは、6割以上の人か?「車か?頻繁に合流する道(シ?ャンクションやインターチェンシ?)」と回答。また「高速道路の走行中に苦手た?と感し?ること」を尋ねると、半数以上の人か?「車線変更」と答えた。

「高速道路の運転時、誰を乗せた時に苦手と感し?るか」とたす?ねたところ、「同乗者の有無に関わらない」という意見を除くと、最も多かったのは恋人や配偶者て?、約2人に1人となった。その理由としては、41.8%の人か?「運転について注意(評価)されるのか?嫌い」と回答した。

 さらに、高速道路ナーハ?スの半数以上か?「高速道路の利用後に大きな疲労感を感し?るようになった」ことか?わかった。そして、4割以上の人は「高速道路の利用時に、ときと?き恐怖心を感し?るようになった」と回答。結果として、高速道路ナーハ?スの5人に2人は「なるへ?く一般道を利用するようになった」と答えている。また、約4人に1人は「高速道路を意識して利用しなくなった」ことも明らかになった。

 そして、高速道路ナーハ?スの人のうち、60.5%の人か?「苦手意識を克服したい」と答えた。

 追い越し時や出口ICへ向かう際の車線変更のアシスト、指定した速度の維持、速度を調整して車間を維持するなと?の特徴を持つ「運転支援技術への期待」についてたす?ねたところ、高速道路ナーハ?スの82.9%か?「期待している」と回答。また、高速道路ナーハ?スの人か?最も苦手と感し?る「車線変更」をアシストする技術に対しては、91.6%か?期待していると回答した。
 そして、高速道路ナーハ?スを克服したいと思っている人のうち、約8割(79.9%)が運転支援技術が搭載されたクルマて?あれは?「克服て?きると思う」と答えた。今後の運転支援技術搭載のクルマに対して期待か?高まっていることか?わかる結果となった。

西村直人氏か?「#高速道路ナーハ?ス」を解説。 すく?に実践て?きるコツを紹介!

 正式名称を高速自動車国道とする「高速道路」はとても便利な交通網て?す。1965年に日本初の高速道路て?ある名神高速道路か?開通し、今や総延長は9,341.1 km(2017年4月現在/国土交通省発表値)に達しました。そして現在も各地て?延伸工事か?進められています。これまて?物流や観光を通し?、日本経済を下支えしてきた高速道路て?すか?、利用するト?ライハ?ーからすると違う側面か?見えてきます。
 今回の調査結果て?は、「きっかけなく最初から高速道路か?苦手」とするト?ライハ?ーか?59.4%いることか?判明しました。興味深いことに回答頂いた830名のト?ライハ?ーのうち運転免許証を取得して1年以内の方か?37.7%、取得後10年以上経過した方か?37.1%、それ以外の方か?25.2%とあまり偏りか?みられません。つまり、運転経験に関係なく高速道路に対する苦手意識か?抱かれていることか?わかりました。

 苦手意識か?抱かれる理由のひとつは走行速度の高さて?す。こ?存知のとおり高速道路は一般道と比へ?法て?定められた最高速度か?高く100 km/h(一部区間は試験的に120km/h)と一般道から1.6~2倍程度にまて?高まります。走行速度か?高まるとクルマへの物理的な影響もそれた?け大きくなり、ト?ライハ?ーとしてもより慎重な運転操作を心か?けることから、時として神経質な状態に陥りやすく身体的な疲労も増加傾向に......。また、車線変更にしてもタイミンク?を計ることか?難しくなることから苦手とするト?ライハ?ーか?多いようて?す。

 運転経験に関係なく明日から実践て?きるホ?イントは二つあります。一つ目は、速度をなるへ?く一定に保つことて?す。高速道路て?は一般道と比較して道か?広く、建物なと?か?視界に入りつ?らいて?す。そのため、速度感覚か?鈍り、知らす?に速度か?落ちてしまうことか?あります。スヒ?ート?メーターて?確認し、一定の間隔て?運転することか?大切て?す。
 二つ目は、ハント?ル操作(ステアリンク?)をゆっくり行うことて?す。カーフ?の曲か?り始めや車線変更を行う際の操作をゆっくりと行うことか?ホ?イントて?す。目安として、車線変更て?は法規にならい、ハント?ルを切り始める少なくとも3秒前にはウインカーを出します。その後、「カチ、カチ」というウインカーの作動音を5~6回確認て?きるようにゆとりをもって車線変更の運転操作を行います。こうすることて?、車か?安定したまま車線変更て?き、さらに同乗者も安心して身を委ねられます。

 運転支援システムにはそうした身体的な疲労を軽減し、苦手意識を和らけ?てくれる効果か?あります。2016年8月に「セレナ」から実装か?始まったフ?ロハ?イロットて?はアタ?フ?ティフ?・クルース?・コントロールと車線維持機能を組み合わせた運転支援を、そして新型「スカイライン」に実装されたフ?ロハ?イロット 2.0て?は一歩進み、新たに3D高精度地図テ?ータなと?を活用しナヒ?ルートと連動した車線変更を支援してくれます。また、道路や運転状況なと?決められた条件か?整うとステアリンク?から手か?放せるほと?の高い精度て?車線維持機能を働かせることもて?きます。

「追い越し支援機能」とは、ナヒ?連動ルート走行中、同一車線上に自車設定速度よりも遅い車両か?いる場合に追い越しにまつわる運転操作の支援をしてくれる機能て?す。ます?、追い越し可能な状況になるとシステムか?ト?ライハ?ーにテ?ィスフ?レイ表示て?知らせてくれます。このとき、ト?ライハ?ーか?ステアリンク?に手を添えてスイッチ操作を行うとウインカーか?点滅し自車周囲の安全を車載センサーにより確認した上て?自動車線変更か?行われます。そして、追い越しか?終わると安全な車間距離か?保たれた時点て?同し?くト?ライハ?ーに知らされ、同様の操作を行うことて?元の車線に戻ることか?て?きます。
  また、「車線変更支援機能」は、ナヒ?連動ルート走行中て?あれは?道路の分岐支援を行なうことも可能て?す。
 
 日産のフ?ロハ?イロット 2.0に用いられた先進運転支援システムは、SAEレヘ?ル2(部分運転自動化)に属していて、将来的な自律自動運転を構成する要素技術としても重要視されています。
 今後、ト?ライハ?ーか?このような運転支援技術を使うことによって、高速道路の運転に対する苦手意識を和らけ?ると同時に、運転に対する過信を遠さ?け、結果的に技術の正しい普及も後押しします。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)