ついに大阪府警に移動オービスが配備! さらに、和歌山県、山形県、茨城県に新型速度取締装置導入の気配あり!?

ついに大阪府にも移動オービスが導入された! これで近畿の2府5県すべてに、移動オービスの配備が完了したことになる。また、和歌山県では、新型のレーザー式速度測定装置による速度取り締まりが目撃され、さらに、現時点での移動オービス未導入県、山形県、茨城県にもきな臭い噂が! 2020年に向けた交通取締り強化体制の整備が、ここへきて、さらなる加速を見せている!

大阪府内は固定式オービスのレーザー攻撃にも、注意!

 大阪府(警)といえば、昨年、国道26号線に国内初のレーザー式固定オービスをデビューさせ、我々を「あっ!」と驚かせたが、移動オービスに関しては導入の気配を見せなかった。ところが、12月に入り突然、レーザー式移動オービスによる取り締まりをスタートさせたことが発表された。さらに、それを公式ホームページのトップでアピールするやる気満々ぶり。これにて、近畿地方の全府県に、移動オービスが配備されたことになる。それも、すべて東京航空計器製のLSM-300だ。

 大阪府内ではすでに、阪神高速を始め、レーザー式を含む50機近くの固定式オービスが稼働している。これに移動オービスが加わったことで、まさに鬼に金棒、というわけか? ドライバーにとってはさらに気の抜けないエリアになったと言えそうだ。 

茨城県が購入した「レーザー式車両速度計測装置」って、もしかしてLSM-200のこと?

 この8月に当サイトで、各都道府県(警)が物品調達に際して公示する入札情報をもとに、今後の交通取り締まり動向を予想したが、その中で首をかしげたのが、茨城県(警)の入札概要に記された「レーザー式車両速度計測装置」(上の写真参照)という正体不明の装置。茨城県(警)は同時に「交通取締用車(レーザー式車両速度計測装置搭載)」の入札も公示しているが、こっちはレーザー式パトカーのことだということがわかるのだが。他の都道府県が移動オービスの購入に際に使う物品名「可搬式速度違反自動取締装置」とも明らかに違う。当情報局でも、いまいちその正体が掴めないでいたのだ。

 が、先日、twitterに投稿された、和歌山県での見慣れないレーザー式速度測定装置によるスピード取り締まりの目撃情報を見てピンときたのは言うまでもない。なんと、レーザー式パトカーのルーフに搭載されているレーザー式速度測定装置、LSM-100に似た機器が、三脚の上に乗せられていたのだ。もしかして、これが噂の東京航空計器製LSM-300の兄弟機、LSM-200なのでは? となると、茨城県(警)が購入した「レーザー式速度測定装置」も、そのLSM-200である可能性が高い。

 では、このLSM-200もLSM-300と同じレーザー式の移動オービスなのだろうか。

茨城県、山形県にも新型速度測定装置導入の気配あり!

その答は、たぶんNOだ。というのは、移動オービスであるなら、入札の際に「可搬式速度違反自動取締装置」という名目で公示するはずなのだが、茨城県(警)が公示したのは「レーザー式速度測定装置」。つまり「自動取締装置」ではないということになる。では、その正体は一体?

 これはあくまでも推測だが、その正体は単なる「速度測定装置」である可能性が高い。違反車の速度を計測してその場で切符を切る、いわゆるネズミ捕りで使われているレーダーや光電管と同様の使われたかをするレーザー式の「速度測定装置」というわけだ。

 ちなみに、この新装置は、茨城県(警)だけではなく、山形県にも導入、あるいは導入が予定されているという情報もある。考えてみれば、今のところ茨城県(警)にも山形県(警)には移動オービスが配備される気配がない。もしかして予算や人員配置の問題で、この両県(警)はとりあえず、LSM-300の半額以下で手に入る新型の「速度取締装置」、LSM-200を購入し、来年へ向けた交通取り締まりの強化に備えようというのだろうか?……というのは考えすぎ? 何はともあれ、当分、両県の動向から目が離せません! 

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)