いすゞとAB VOLVO、商用車分野での戦略的提携に関する覚書を締結

いすゞとAB VOLVO、商用車分野での戦略的提携に関する覚書を締結

記事画像

いすゞ自動車とAktiebolaget Volvoは、商用車分野における戦略的提携に向けた覚書を締結した。

 自動車業界は、100年に一度といわれる大変革期に直面しており、特に商用車の分野においては、物流業界におけるさまざまな課題や、世界各地のお客様の幅広いニーズに応えるために、先進技術への対応を含めた新たなソリューションの創出が求められている。

 このような課題を共有した両社は、対等かつ良好な関係を構築し、それぞれが得意とする商品や展開地域を相互に補完しながら、商用車業界に新たな価値を生み出していくための最適なパートナーであるという認識が一致し、長期的な協業機会について検討していくこととした。

 今後両社は、トップマネジメントにより組織するアライアンスボードのもと、主に以下の内容について、協業の形態や対象範囲を検討していく。
・先進技術/CASE対応に向けた技術的な協力体制の構築
・日本およびアジアを中心とした海外市場での大型トラック事業強化
・来るべき物流革命に向けた中・小型トラックの幅広い協業可能性を追求

 AB VOLVO社CEO Martin氏は次のように述べている。「AB VOLVO社といすゞはゆるぎない信頼関係のもと、価値観やWin-Win精神を共有してきました。先進技術やその他あらゆる分野で幅広い協業を進めて行くことでお客様や事業パートナーのニーズに応えていきます。また、本協業はUDにとって更なる成功への旅立ちになるでしょう」

 いすゞの片山社長は次のように述べている。「いすゞとAB VOLVO 社は、商品、技術、地域の視点で両社のマッチングは最適であり、協業可能性はあらゆる商用車領域で世界各地に存在すると確信しています。両社の協業は、来るべき物流革命の時代にお客様と社会の新たな価値を生み出す機会になるでしょう」

 両社は、上記の戦略的提携の第一弾として、特に日本およびアジア地域での事業を強固にしていくことを目的に、AB VOLVO社が保有するUDトラックスおよびUDブランドで展開している海外事業について、いすゞに譲渡するための手続きを開始することを合意した。今後は、対象事業の決定、いすゞによるデューデリジェンス、および関連当局の認可を経た上で、最終的な譲渡価格を合意し、2020年末までの手続き完了を目指す。
 いすゞとAB VOLVOは、この戦略的提携を通じて、物流の将来課題に挑み、社会と顧客に提供する価値の最大化と、商業車業界の新たな価値の提供を目指していく。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)