三菱の軽ハイトワゴン「eKクロス」が「オートカラーアウォード2019」で特別賞を受賞!

三菱の軽ハイトワゴン「eKクロス」が「オートカラーアウォード2019」で特別賞を受賞!

記事画像

12月20日、三菱自動車は軽ハイトワゴンの「eKクロス」が、日本流行色協会が主催する「オートカラーアウォード2019」で特別賞を受賞(日産デイズ・ハイウェイスターと同時受賞)したことを発表した。同社がオートカラーアウォードで受賞するのは、1998年の第一回で「ギャラン」&「レグナム」のトリガーモーブパールで審査員特別賞を受賞して以来、2回目となる。

「形のデザインが共通でありながらCMFによって、まったく違うターゲットユーザーに向けたデザインを実現」

 オートカラーアウォードは、モビリティのカラーデザインの企画力や形との調和を含む、内外装全てのカラーデザインの美しさを評価する顕彰制度で、1998年にスタート。今年で22回目となる。

 eKクロスが特別賞を受賞したカラーデザインは、「サンドイエローメタリック×ホワイトソリッド」のエクステリアカラー、「ナチュラルアイボリーメタリック×サンシャインオレンジメタリック」のエクステリアカラー、そして「ブラック&タン」のインテリカラーの3種類。

 受賞理由として、「このふたつのカラーデザインは、ふたつの企業の境界を超えたコラボーレーションである。形のデザインが共通でありながらCMF(カラー・、マテリアル・フィニッシュ)によって、まったく違うターゲットユーザーに向けたデザインを実現した。“プロジェクトシェア”の先駆けをみせたものとして、高く評価できる」というコメントが審査員から発表された。

 このカラーデザインを担当した同社デザイナーは次のようにコメントしている。
「オートカラーアウォード第一回回目以来の受賞が、アライアンスとして日産とのダブル受賞となり大変嬉しく思います。eKクロスのカラーデザイン開発では、アクティブでプレイフルな世界観を色や素材で表現する為に、さまざまな試みにチャレンジしました。更に今回は日産と多くの部品を共通に使いながら、車の世界観を変えることが求められ、その実現にCMFの役割が必要不可欠なものでした。今後もCMFが持つ力を最大限発揮して、お客様を笑顔にできる表情の豊かなカラーデザインをお届けしたいと思っています。」

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)