ダイハツが東京オートサロン2020で軽クロスオーバー「TAFTコンセプト」を世界初披露!

ダイハツが東京オートサロン2020で軽クロスオーバー「TAFTコンセプト」を世界初披露!

記事画像

12月23日、ダイハツは2020年1月10〜12日に千葉・幕張メッセで開催する「東京オートサロン2020」の出展概要を発表。軽クロスオーバーのコンセプトモデル「TAFT(タフト)コンセプト」の世界初公開に加えて、個性あふれるカスタマイズカーを含む合計9台を披露する。

ブースのテーマは「遊びゴコロをみんなのものに。」

 同ショーにおけるダイハツのブーステーマは、昨年に引き続き「遊びゴコロをみんなのものに。」。世界初公開する「TAFTコンセプト」は「Tough & Almighty Fun Tool」をコンセプトに、2020年央の発売に向けて開発を進めている軽クロスオーバーのコンセプトモデル。

 日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバーであり、開放感あふれるガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間といった、毎日を楽しくしてくれるアイテムを多く採用している。

 さらにダイハツブースでは、カスタマイズの楽しさをより身近に感じてもらうための仕掛けとして、漫画家の田中むねよし氏を迎え、「TAFTコンセプト」を題材に、来場者と田中氏がコミュニケーションをしながら、その場でイラストを描く「ライブ・ドローイングショー」を実施する。

 また、ダイハツの社名の由来である「発」動機にちなんで、「エンジン組立チャレンジ」コンテンツを用意。ダイハツエンジニアのサポートによる本物のエンジンパーツを用いた組立体験を通じて、幅広い来場者の方々に、クルマをより身近に親しんでいただけるブースを目指す。

 そのほかの出品車としては、2019年に発売したコンパクトSUV「ロッキー」や、軽オープンスポーツカー「コペンGR SPORT」、軽乗用車「タント」をベースとしたコンセプトカーなどを披露。さらに軽商用車「ハイゼット トラック」では、アウトドア雑誌「ピークス」とコラボレーションするなど、それぞれの持つ世界観を生かしながら、遊び心を刺激するカスタマイズ車両を出展する。

 なお、ダイハツは、2月14日〜16日にインテックス大阪で開催する「大阪オートメッセ2020」にも同様の出展を行う予定だ。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)