「アレクサ、暖房付けて!」がウラカンEVOで可能に! ランボルギーニが「CES 2020」でAmazon「Alexa」の導入を発表

「アレクサ、暖房付けて!」がウラカンEVOで可能に! ランボルギーニが「CES 2020」でAmazon「Alexa」の導入を発表

記事画像

1月7日、アウトモビリ・ランボルギーニは米国ラスベガスで開幕した「CES 2020」において、「ウラカンEVO」にAmazonの音声アシスタンスサービス「Alexa」を導入すると発表した。

エアコンの温度設定からガレージ・シャッターの開閉まで音声コマンドで操作可能に

 AlexaはウラカンEVOの「LDVI(ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ)」に統合され、2020年内に市販車に組み込まれる。

 これにより、運転中でも「アレクサ、○○して!」と呼びかけるだけで、エアコン温度の変更やシートヒーターの設定、アンビエントライトカラーの変更といった操作ができるほか、(接続した)携帯電話の発信やナビゲーションの設定、最寄りのレストランの検索なども可能になる。

 さらに同社では、自宅ガレージのシャッターの開閉、照明のオン/オフといったことも遠隔操作が可能になると紹介している。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)