充実の基本性能を搭載する

充実の基本性能を搭載する

記事画像

ケンウッドのAV一体型カーナビ・彩速(さいそく)ナビシリーズのエントリー機となるのが「TYPE L」。手が届きやすい価格ながら充実の基本性能を搭載している。REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)問い合わせ:JVCケンウッド電話:0120-2727-87

ケンウッド MDV-L407W……オープン価格(実勢価格:5万5000円前後/税別)

ケンウッド MDV-L407……オープン価格(実勢価格:5万5000円前後/税別)

 「TYPE L」は彩速(さいそく)ナビのエントリーシリーズ。200mmワイドサイズボディの「MDV-L407W」と2DINサイズボディの「MDV-L407」の2機種を揃えており、どちらも7型WVGAディスプレイを搭載。機能面は共通となっている。

 実勢価格は5万5000円前後と、国内メーカーのAV一体型ナビとしては最廉価クラスだがフラットな操作キーやピアノブラックのカラーにより高級感あふれるルックスを実現。LEDバックライトを搭載し、ディスプレイに最適化した地図を組み合わせることで緻密な美しい表示としている。

 そしてジェットレスポンスエンジンVやS3フォーマットなどを備え、クラストップのハイレスポンスを実現。しかも直感的な操作を可能にするシンプル&スマートGUIやよく使う機能、設定を素早く呼び出せるカスタムメニューでナビ初心者も迷うことなくコントロールできる。

 ナビ機能にはルート探索条件を自分好みに設定できる「マイルートアジャスター」や、案内ポイントまでの距離をカウントダウン表示する「ここです案内」など、上級機譲りの機能を搭載。VICS WIDE受信により、渋滞回避ルート探索も実現している。

 AVソースにはDVDビデオやワンセグなどを備えており、USBメモリーやSDメモリーカードに収録した音楽や動画の再生を楽しめる。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)