臨場感をさらに進化させたケンウッド XSシリーズスピーカー

臨場感をさらに進化させたケンウッド XSシリーズスピーカー

記事画像

ケンウッドのフラッグシップスピーカー「XSシリーズ」がモデルチェンジ。さらなる高音質を追求し、ビクタースタジオとの共同チューニングも行われた。REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

ケンウッド KFC-XS174S……3万2000円(税別)

ケンウッド KFC-XS164S……3万2000円(税別)

 XSシリーズは純正スピーカーと入れ替え装着ができる取り付け性を持ちながらも、徹底して高音質を追求したハイレゾ対応フラッグシップスピーカーだ。

 今回のモデルチェンジでは「アーティストが伝えたい音を車内空間に届ける」ことを目指し、同社製スピーカーとして初めて国内最高峰クラスの設備と技術を誇る「ビクタースタジオ」との共同チューニングを実施。ビクタースタジオのエンジニアによる緻密な調整により今まで以上の臨場感を生み出している。

 もちろんスピーカー自体も最新の設計を備えるもの。ツイーターはケンウッドカースピーカー初の2ウェイ方式を採用し、通常のツイーターとスーパーツイーターが異なる帯域を再生することでワイドレンジの豊かなハイレゾ音源再生を可能としている。

 また、ウーハーの振動板には高剛性グラスファイバーが用いられ、音の輪郭や繊細な空気感を豊かに再現。さらに新タイプのディフューザーがボーカルの音像を鮮明にして優れたレスポンスを実現する。

 なお、2ウェイツイーターのみの単品販売(KFC-ST1004/1万5000円 税別)も行われ、純正スピーカーシステムに追加装着が可能だ。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)