BASF:2019年の自動車のカラーレホ?ートを発表、ホワイトか?依然として優勢

BASF:2019年の自動車のカラーレホ?ートを発表、ホワイトか?依然として優勢

記事画像

BASFは「BASF自動車用OEM塗料カラーレホ?ート2019」を1月15日に発表した。同レホ?ートは、BASFのコーティンク?ス事業部か?2019年の世界の自動車生産と乗用車への塗料適用に基つ?いて行ったテ?ータ分析結果を示したもの。

 データ分析を通じて、世界中で製造された車の約39%がホワイトに塗装されていることが判明。この数字の背景には興味深い変化があり、ホワイトはどの地域でも最も人気のある色だが、地域的な分布には顕著な違いがある。アジア太平洋地域では2台に1台がホワイトに塗装されているが、北米およびヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)地域ではその割合が3台に1台になる。

 その他の無彩色(ブラック、グレー、シルバー)は、次に人気のある3色。これらを合わせると、2019年に製造された車の39%を占めている。この傾向は、最も人気のある自動車セグメントであるSUVにも見られる。
 しかし、世界にはブラックやホワイトの車だけではない。2019年の世界の新車のうち、残りの22%は有彩色で塗装され、約9%はブルーで、7%はレッドだった。各色の比率は、自動車の所有と個性表現に対する感情的な動機を表している。BASFでも、デザイナーたちは独自の顔料、エフェクトや革新的な技術を用いて、深みのある鮮やかな色合いを生み出している。サフ?コンハ?クトカーやその他の小型自動車の色は、より多彩な傾向か?ある。フ?ルーやレット?以外に、フ?ラウンとヘ?ーシ?ュか?、特にEMEA地域て?人気か?出始めている。

EMEA:ホワイトは減少、ク?レーか?増加し、ヘ?ーシ?ュか?急上昇

 全体的に最も人気のある色のホワイトの割合はわす?かに減少したものの、EMEA地域を走る車は無彩色か?77%を占めている。シルハ?ーの人気は低下しているか?、ク?レーは市場シェアの20%を占め、引き続き人気か?ある。有彩色の自動車はわす?かだか?増加、ヨーロッハ?て?は4台に1台の車か?有彩色て?塗られている。このセク?メントて?は、依然としてフ?ルーか?11%のシェアを達成し首位を走っている。

 EMEAて?は、約160種類の色か?見られ、カラータ?イハ?ーシティにおいて先駆的な存在となっている。ヘ?ーシ?ュか?2%のシェアを獲得し、初めて数字として現れた。「よりソフトて?親しみやすい外観へのニース?から、ヘ?ーシ?ュの人気は高まっていますか?、最終消費者に受け入れられるためには、モタ?ンて?魅力的て?なけれは?なりません」と、オートモーティフ?カラーテ?サ?インEMEAの責任者て?あるマーク・ク?ートヤール氏は述へ?ている。

 エフェクトは、自動車の形状を強調し、特別な外観を提供する重要なテ?サ?イン要素。そこて?、エフェクトのある色を深く分析した。特に濃い色は、エフェクト顔料か?使用されることか?多く、ホワイトは主にソリット?。さらに有彩色のカラーハ?レットにおいても、エフェクトのあるカラーか?高いシェアを持つことか?わかった。

北米:ホワイトは依然として首位を走るか?、変化している

 北米て?は、ホワイト、フ?ラック、シルハ?ー、ク?レーなと?の無彩色の車か?多く、世界的な傾向と同様に、市場の77%を占めている。一方て?、最も人気のあるホワイトは全体の分布の29%と、世界的な傾向と比へ?ると色分布はよりハ?ランスか?とれている。北米市場の、特に高級車や電気自動車て?は、黄味か?かった暖色系のホワイトから、青みか?かり、かつハ?ール質感の寒色系のホワイトへの移行か?進んて?いる。

 さらに北米は、ヒ?ックアッフ?トラックの人気て?世界をリート?している。ヒ?ックアッフ?トラックは、実用的な道具から、高級な乗り物へとシフトしている。深みのあるフ?ラックか?トレント?となっており、ホワイトは38%、11%という比較的高いシェアを持つレット?の人気か?ある。「これらは、あなたか?たのお父さんの時代のヒ?ックアッフ?トラックて?はありません。ヒ?ックアッフ?トラックは高級な乗り物て?あり、高級車市場のテ?サ?インて?使われている色を採用しています」と、オートモーティフ?カラーテ?サ?イン北米の責任者て?あるホ?ール・チョーニー氏は述へ?ている。

アシ?ア太平洋地域:個性の強い色は増加しているか?、いまた?ホワイトか?優勢

 アシ?ア太平洋地域のほとんと?の自動車は無彩色て?、全体に占める割合は77%と、ほとんと?変化はなかった。約2台に1台か?ホワイトて?、49%を占めており、これは全世界て?最も高い割合。ハ?ールホワイトは特に人気である。一方、フ?ラックは他の地域に比へ?るとシェアは低いか?、スホ?ーティーて?個性的な色彩表現として注目されている。

 有彩色の多様な色合い、色調、エフェクトは、アシ?ア太平洋地域に特有のもの。その中て?も、電気自動車によく見られるフ?ルーか?7%て?トッフ?、レット?か?6%と続いている。「フ?ルーとホワイトは、清らかさ、純粋さや持続可能なテ?サ?インのイメーシ?を表しています」と、オートモーティフ?カラーテ?サ?インアシ?ア太平洋の責任者て?ある松原千春氏は述へ?ている。アシ?ア太平洋諸国の自動車の購入者は、より高いテ?サ?イン性と個性を求めている。「ク?レーは電気自動車にとって重要な役割を果たしており、半透明や絹のような独特のエフェクトか?、カーシェアリンク?や自動運転車を含む新しいコネクテット?テクノロシ?ーに、未来的なイメーシ?を加えます。新しい電気自動車は、自動車業界全体に新しい価値とカラーテ?サ?インをもたらしています」

南米:人気色て?あるホワイトとレット?

 ホワイトは南米の消費者の間て?依然として人気の色て?、39%の市場シェアを獲得しており、この傾向はここ数年続いている。「2010年初頭にテクノロシ?ーに結ひ?付いた色として、ホワイトか?携帯電話やその他のカ?シ?ェットに使用されたことから人気か?始まり、現在て?はホワイトは空気と水の清潔さと純度、そして環境保護とリンクしている “環境色” の側面を有しています」とBASF南アメリカオートモーティフ?・コーティンク?ステ?ィレクターて?あるマルコス・フェルナンテ?ス氏は述へ?ている。その他の無彩色も人気て?あり、シルハ?ーか?23%、ク?レーか?14%を占めている。フ?ラックは市場シェアの11%を占めているか?、南米て?の人気は世界の16%に比へ?て低くなっている。

 有彩色て?は、8%のレット?か?一番の人気て?あり、フ?ルー、ヘ?ーシ?ュか?続く。「レット?は、自動車販売において長い間存在感を持ち、鮮やかな色て?あり、スホ?ーティーさと美しさをイメーシ?させます。また、中古車買い取りにおいてもその価値を維持しやすくなっています」とフェルナンテ?ス氏は述へ?ている。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)