TomTom:世界渋滞都市ランキンク?と交通情報の知見をまとめた「トムトム・トラフィック・インテ?ックス」を発表、東京の渋滞レヘ?ルは42%に

TomTom:世界渋滞都市ランキンク?と交通情報の知見をまとめた「トムトム・トラフィック・インテ?ックス」を発表、東京の渋滞レヘ?ルは42%に

記事画像

TomTom(トムトム)は、2019年の世界57ヵ国416都市における交通状況の調査結果をまとめた「トムトム・トラフィック・インテ?ックス」を発表した。

 今回の結果て?は、日本国内て?は 東京の平均渋滞レヘ?ルか?前回調査比1ホ?イント増の42%となった。これはト?ライハ?ーか?交通渋滞に 巻き込まれ、平均42%余分に運転時間を要し、時間に換算すると通常所要時間30分て?あるところ、およそ13分もの時間を余分に費やしたことを意味する。そのほかの都市て?は、大阪(36%)か?日本国内 第2位に、次いて?名古屋(33%)、札幌(30%)、神戸(26%)となった。

 世界全体て?は、イント?・ヘ?ンカ?ルールか?平均渋滞レヘ?ル71%を記録し、世界て?最も渋滞か?激しい都市第1位となった。次いて?、第2位にフィリヒ?ン・マニラ(71%)、第3位にコロンヒ?ア・ホ?コ?タ(68%)となった。

【トムトム・トラフィック・インテ?ックス 2019年版 要旨】
・アシ?ア圏のランキンク?て?は、東京か?トッフ?10に第9位て?ランクイン
・世界ランキンク?全体て?みると、前回25位て?あった東京か?32位と渋滞レヘ?ルか?回復した。そのほかの日本の都市て?は、大阪(57位)、名古屋(85位)と続き、札幌(133位)、神戸(178位)においてはトッフ?100圏外となった
・名古屋は前回調査(2018年版)より1ホ?イント増加
・神戸は日本て?唯一渋滞レヘ?ルか?改善された都市て?、前回調査比1ホ?イント減の26%を記録
・東京、大阪、およひ?札幌において、毎週金曜日に渋滞か?悪化する傾向か?見られた。東京においては、金曜日の午後5時から6時の間は渋滞レヘ?ルか?73%となり、世界第1位のイント?・ヘ?ンカ? ルールの平均渋滞レヘ?ルを上回る結果となった
・東京およひ?名古屋において、2019年て?最も渋滞か?激しかった日はいす?れも11月22日て?あった。これは当時予定されていたG20愛知・名古屋外務大臣会合の開催やローマ法王の訪日によ る大規模な交通規制に影響されたものとみられる。これにより東京て?は、渋滞の影響て?ト?ライ ハ?ーはおよそ71%もの時間を余分に運転に費やした。これは所要時間30分の運転に対して約21分余分に時間を費やしたことに相当する
・時間帯別て?は、東京、大阪、およひ?札幌において、午前7時から8時およひ?午後5時から6時か?最も渋滞か?激しかった
・調査対象都市全体の平均は前回より0.07ホ?イント微増し29%となった
・イント?南部の都市ヘ?ンカ?ルールは渋滞レヘ?ル71%を記録し世界の平均渋滞ランキンク?第1位となった

 世界的にみて、交通渋滞は過去10年て?増加傾向にあり、前回調査と比較し、調査対象都市全体の57%にあたる239都市において渋滞レヘ?ルの悪化か?見られた。対照的に、減少を記録したのは全体のわす?か15%て?ある63都市に留まった。

 トムトムのトラフィックインフォメーション部門ハ?イスフ?レシ?テ?ントのラルフヒ?ーター・シェイファー氏(Ralf-Peter Schaefer)は次のようにコメントしている。 「渋滞の解消は世界的にも長い道のりて?す。将来的には自動運転車とカーシェアリンク?サーヒ?スの台頭か?渋滞の緩和に貢献することになりますか?、それか?実現するまて?の間、交通当局は公共政策の構想や立案をたた?待つというわけにはいきません。重要な交通インフラの決定を行うには、ありとあらゆるツールを活用し、渋滞レヘ?ルとそれによる影響を分析する必要か?あります。また、個々のト?ライハ?ーにも、渋滞解消に向けた果たすへ?き役割か?あります。運転習慣のわす?かな変化て?さえも、結果として大きな違いを生む可能性か?あります」

 トムトム・ライフ?トラフィックサーヒ?スは、インシテ?ントと混雑度をリアルタイムて?分析し、交通渋滞の発生を事前に予測することて?、高度なルート計算と正確な到着予定時刻(ETA)の割り出しを実現し、トムトムのナヒ?ケ?ーションソフトウェアをより正確なものにする。これは、トムトムの世界数百万台もの車のトラフィックテクノロシ?ーを保有するマーケットリータ?ーとしてのホ?シ?ションを確固たるものにする。

 トムトムトラフィックサーヒ?スは、交通状況を認識およひ?予測し、ト?ライハ?ー、フリート管理およひ?ロシ?スティクスフ?ロハ?イタ?ー、配車やフート?テ?リハ?リーなと?のオンテ?マント?サーヒ?ス、ならひ?に交通管理サーヒ?スか?負担する時間や燃料、それらに伴う負荷を削減する。また、自動運転車向け高精細(HD)マッフ?や、電気自動車の効率的なルーティンク?およひ?充電は、トムトムか?手掛ける運転の未来に関する事業は、自動車メーカー、テクノロシ?ー企業、交通当局およひ?政府か?交通渋滞を緩和するツールをすて?に持っていることを意味する。

交通渋滞の対策について

目的地に向けて出発する前に、道路状況を確認し、そのときの最適な交通手段を検討する。

最短のルートて?あっても、衛星ナヒ?システムの走行ルートか?案内する交通量の少ない道路を運転するのは、不安に感し?るかもしれない。実際に目にするまて?は、道路か?渋滞しているか分からない場合もある。最新のナヒ?ケ?ーションを活用して、リアルタイムの交通テ?ータに基つ?く代替ルートを選択することを推奨する。

渋滞は通常その土地こ?とに一定の時間帯においてヒ?ークを迎える。これは調査対象都市における各曜日およひ?各時間帯の平均渋滞レヘ?ルか?報告されているトムトム・トラフィック・インテ?ックスの調査結果て?明らかにされている。これらの情報を参考に、出発時刻を適宜調整することを推奨する。出発時刻を早める、あるいは遅らせることて?、渋滞を回避て?きることか?ある。

移動手段か?必す?しも車て?なけれは?ならないことはない。出発時刻を調整て?きないときは、ライト?シェアリンク?、公共交通機関、または自転車の活用なと?、別の移動手段をご検討頂きたい。

モヒ?リティの改善は、共同の努力により実現するものて?す。地方自治体、自動車メーカー、交通信号システムフ?ロハ?イタ?ー、駐車施設、交通情報フ?ロハ?イタ?ー、シェアート?モヒ?リティフ?ロハ?イタ?ー、スター トアッフ?企業、そしてなにより、個々の市民か?一体となって、世界中の都市を実験し、変革している。それそ?れの都市にてと?のような活動か?行われているか、そしてそれらの活動からと?のように恩恵を受けられるかを知ることか?重要だ。

【世界渋滞都市ランキング*】
1. ベンガルール(インド) 71%
2. マニラ(フィリピン) 71%
3. ボゴタ(コロンビア) 68%
4. ムンバイ(インド) 65%
5. プネ(インド) 59%
6. モスクワ(ロシア) 59%
7. リマ(ペルー) 57%
8. ニューデリー(インド) 56%
9. イスタンブール(トルコ) 55%
10. ジャカルタ(インドネシア) 53%

【渋滞都市ランキング(アジア)*】
1. ベンガルール(インド) 71%
2. マニラ(フィリピン) 71%
3. ムンバイ(インド) 65%
4. プネ(インド) 59%
5. ニューデリー(インド) 56%
6. ジャカルタ(インド) 53%
7. バンコク(タイ) 53%
8. テルアビブ(イスラエル) 46%
9. 東京(日本) 42%
10. 重慶(中国) 41%

【渋滞都市ランキング. オーストラリア・オセアニア. 】
1. シドニー. オーストラリア. 33%
2. オークランド. オーストラリア. 31%
3. メルボルン. コロンビア. 30%
4. ウェリントン. ニュージーランド. 28%
5. ハミルトン. ニュージーランド. 25%
6. ブリスベン. オーストラリア. 25%
7. アデレード. オーストラリア. 24%
8. ゴールドコースト. オーストラリア. 24%
9. ホバート. オーストラリア. 23%
10. クライストチャーチ. ニュージーランド. 21%

【渋滞都市ランキング(米国) *】
1. ロサンゼルス 42%
2. ニューヨーク 37%
3. サンフランシスコ 36%
4. サンノゼ 33%
5. シアトル 31%
6. マイアミ 31%
7. ワシントン D. C. 29%
8. シカゴ 28%
9. ホノルル 28%
10. オースティン 27%

【渋滞都市ランキング(南米)*】
1. ボゴタ(コロンビア) 68%
2. リマ(ぺルー) 57%
3. レシフェ(ブラジル) 50%
4. リオデジャネイロ(ブラジル) 46%
5. サンパウロ(ブラジル) 45%
6. サンティアゴ(チリ) 44%
7. サルヴァドール(ブラジル) 43%
8. フォルタレザ(ブラジル) 37%
9. ベロオリゾンテ(ブラジル) 35%
10. ポルトアレグレ(ブラジル) 35%

【渋滞都市ランキング(欧州)*】
1. モスクワ(ロシア) 59%
2. イスタンブール(トルコ) 55%
3. キエフ(ウクライナ) 53%
4. ブカレスト(ルーマニア) 52%
5. サンクトペテルブルク(ロシア) 49%
6. ダブリン(アイルランド) 48%
7. オデッサ(ウクライナ) 47%
8. ノヴォシビルスク(ロシア) 45%
9. サマラ(ロシア) 44%
10. ハルキウ(ウクライナ) 43%

【渋滞都市ランキング(アフリカ)】
1. カイロ(エジプト) 40%
2. ケープタウン(南アフリカ) 32%
3. ヨハネスブルク(南アフリカ) 30%
4. プレトリア(南アフリカ) 25%
5. イーストロンドン(南アフリカ) 22%
6. ダーバン(南アフリカ) 19%
7. ブルームフォンテーン(南アフリカ) 13%

*人口 80 万人以上の都市か?対象
※ 整数値か?同し?都市に関しては、すへ?て小数点以下て?順位を決定

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)