えっ!? 後付で今乗ってる自転車を電動アシストにできるって?

後付で自転車を電動アシストできる「bimoz」のクラウドファンディングを開始へ

記事まとめ

  • 今乗っている自転車がそのまま電動アシスト自転車になるアップグレードキットが上陸へ
  • 手持ちの自転車に電動アシスト機能を後付け搭載できるという優れもので取り付けは20分
  • 国内でのクラウドファンディングは9月下旬開始予定でプロジェクトの目標金額は50万円

えっ!? 後付で今乗ってる自転車を電動アシストにできるって?

えっ!? 後付で今乗ってる自転車を電動アシストにできるって?

えっ!? 後付で今乗ってる自転車を電動アシストにできるって?の画像

日頃の運動不足を解消すべく、自転車通勤にチャレンジ! 念願の新車も購入して意気揚々…と言いたいところだけど、毎日の往復となるとやっぱりツラい。やっぱり電動アシスト付きにしておくべきだったか、と後悔しているあなたに朗報です。今乗っている自転車がそのまま電動アシスト自転車になるアップグレードキット「bimoz(バイモッズ)」が、まもなく日本上陸です。

 

「bimoz」とは、スイスに本拠をおくZ-Institute AGが手がけた電気自転車用ミッドモーター。手持ちの自転車に電動アシスト機能を後付け搭載できるという優れものです。2016年3月にクラウドファンディングサイト・IndieGoGoでプロジェクトを発表し、日本円にしておよそ1億6000万円以上の支援を集めました。

なんといっても魅力的なのは、お気に入りの愛車にそのまま搭載できること。しかも取り付け所要時間はたった20分という手軽さです。

現時点では詳しい仕様や価格については発表されていませんが、Z-Institute AG公式サイトによればほとんどの自転車に取り付け可能な汎用性を備えており、標準バッテリー込みで2kg以下という驚愕の軽さを実現しています。またiOSアプリとの連動で心拍数のモニタリングや、目的に合わせたトレーニングプログラムの利用も可能、ダイエット効果も期待できそうです。

国内でのクラウドファンディングは9月下旬開始予定で、プロジェクトの目標金額は50万円。公式サイトでメールアドレスを登録しておけば、プロジェクト開始とともにいち早くお知らせを受け取ることができますよ。

>> GLOTURE COLLECTION「bimoz」

 

[関連記事]
折り畳み式でアシスト付き。これって自転車として最高じゃない?

室内でも上りが走れる自転車シミュレーター「Wahoo CLIMB」は凄かった!

段差の多いアーバンライドに最適!走破性を高めた電動アシスト自転車

(文/&GP編集部)

関連記事(外部サイト)