エサは必要なし!お手軽なミニアクアリウムは癒し度満点!

エサは必要なし!お手軽なミニアクアリウムは癒し度満点!

エサは必要なし!お手軽なミニアクアリウムは癒し度満点!の画像

アクアリウムブランド・ホロホロトーキョーから、話題のアクアリウムを簡単に楽しめるアイテムが登場! ハワイ島やオアフ島などで生息するエビ「ホロホロシュリンプ」のアクアリウムは、なんとエサは必要なく、ただエビを見て癒やされていればいいというお手軽さなのだ。

ホロホロシュリンプは、ハワイ島やオアフ島、その周辺の小島だけに生息する固有種のエビ。火山噴火による溶岩で形成された、海岸近くの小さな池などの汽水域(海水と淡水が混ざり合う水域)に生息しているエビで、体長は最大でも14mm以下の小さなエビだ。

別名ピクシーシュリンプとも呼ばれ、まるで妖精のように水槽の中を泳ぎ回る姿がかわいらしく、見ているだけで癒される…。

しかも、自然発生するコケやバクテリアを食べて生きられるので、エサを与える必要がなく手間がかからない。水が減ってきたら専用の「マイクロウォーター(200ml)」(380円)を補充すればOK。ホロホロシュリンプが元気に過ごせる気温は15°C〜30°Cと、ハッキリ言って人間と一緒。つまり自分に快適なように室温を保ちさえすれば、あとは何もしなくてもいいのだ。

これなら長期旅行にも行けるし、ペット禁止のマンションでも、気軽に生き物と一緒の生活を楽しめる。

イエロー、グリーン、ホワイト、ブルーの「ホロホロシュリンプ カラムボトル」(8匹入り)(2500円)のほか、エビだけでも販売している。

>>?ホロホロトーキョー「ホロホロシュリンプ」

 

[関連記事]
ハーブの室内栽培も可能な「IoTアクアリウム」に心癒される

魚を自由に誘導できる水槽「アクトリウム」がスゴすぎる!

ワイヤレスで電力供給!配線なしでLEDが点灯するんです

(文/&GP編集部)

関連記事(外部サイト)