焚き火台とセットで持っていきたい折り畳みテーブル

焚き火台とセットで持っていきたい折り畳みテーブル

焚き火台とセットで持っていきたい折り畳みテーブルの画像

9月に入ってからめっきり涼しくなりました。いよいよ秋キャンプシーズンの到来です。このシーズンのキャンプの楽しみといえば “焚き火” ですよね。暖を取るだけでなく、炭でさつまいもや魚を焼いたりできますし、バーベキューやダッチオーブンで料理ができる焚き火台も多くあります。ゆらめく炎を眺めながらちびりちびりとウイスキーを飲む…なんていう時間も最高。

そんな焚き火台に合わせたいのが、「LOGOS 薪ラックテーブル」(6200円/税別)。薪を収納して湿気を防ぐだけでなく、天板を取りつければグラスやお皿、熱いダッチオーブンなどを置けるテーブルにもなるんですよ。

折り畳み式の「LOGOS 薪ラックテーブル」は、収納サイズ35×10×37cm、総重量2.2kgという持ち運びに便利なサイズ。開くだけでセッティング完了という手軽さで、開いた時には35×30×29cmという大きさになります。

このラックの上に薪を置くことで、薪の大敵である地面からの湿気を防ぎ、薪をかなり長持ちさせられます。別売りの「らくらく薪キャリー」(2100円/税別)を使えば、このキャリーごと薪を置くこともできて便利です。

さらに、32×30cmの付属のパンチング天板を置けば、ミニテーブルに早変わり。マグやグラスを置いて、焚き火タイムにお酒やコーヒーなどを楽しめます。また、天板は耐熱仕様なので、焚き火で調理したダッチオーブンや熱々のスキレットなども直置きOK。このアイテムがあるだけで、焚き火タイムがもう一段ランクアップすること間違いありません!

折り畳んで収納できるので保管場所を取らないのもポイント。薪だけでなく雑誌や小物も置けそうなので、アウトドア時に使えるちょっとしたテーブルがほしい、という用途でも重宝しそうです。

>>LOGOS「LOGOS 薪ラックテーブル」

 

[関連記事]
ただのスキレットじゃない!合体して圧力鍋にもなるぞ

BBQコンロをフル活用するおもしろ調理器具5選

オールインワンだから便利!キャンプのテーブルは使いやすさが大事です

(文/&GP編集部)

関連記事(外部サイト)