美味しいコーヒーが淹れられない?だったらまずは温度を意識してみよう

美味しいコーヒーが淹れられない?だったらまずは温度を意識してみよう

美味しいコーヒーが淹れられない?だったらまずは温度を意識してみようの画像

“おうちカフェ”人気で、家でも自分で豆を挽いてハンドドリップのコーヒーを入れるという人、増えましたよね。コーヒーの香りを感じながら静かに淹れる至福のひととき。あの香りもリラックス効果絶大です。準備が整ったところで、いよいよ珠玉の一杯を口に含むと…あれ、なんか美味しくない。豆の量もドリップの時間も完ぺきなのに…な、なんで〜。

それはお湯の温度に問題があるのかも。コーヒーの風味の決め手となるのは、お湯の温度。とはいっても、素人では、この温度管理はなかなか難しいもの。そんな声を反映して登場したVitantonio(ビタントニオ)の「温調ドリップケトル・ACTY(アクティ)」(1万2000円/税別)は、ハンドドリップに最適な理想の形とバランスを実現した電気ケトルです。

「温調ドリップケトル・ACTY」は、元BLUE BOTTLE COFFEE JAPAN初代リードバリスタで、現在はトップバリスタ・焙煎士として幅広く活躍する向山岳さんとVitantonioが共同開発しました。理想的なハンドドリップを追求し、何度も調整を重ねた末に行きついた細口ノズルと、狙ったポイントに思い通りの湯量を落とせるハンドル角度の絶妙なバランス。

50℃〜100℃まで、引き出したい味や香り、用途に合わせて1℃刻みで設定できる温度調節機能を搭載し、味と香りの決め手となるお湯の温度をいつでも最適な状態で保てます。

独自の“バリスタ機能”で、ドリップ中も一定の温度に保温。これならおいしいコーヒーが入れられそうです。コーヒー以外にも、お茶をおいしく淹れたいときや、粉ミルクの調乳などにも便利です。温度をコントロールして、日々の暮らしをちょっと贅沢に楽しんでみてはいかがですか。

>>?Vitantonio「温調ドリップケトル ACTY」

 

[関連記事]
“純金”メッシュフィルターで淹れたコーヒーってちょっと贅沢な気分になりますね

スターバックス流 おいしいアイスコーヒーの作り方@[基礎知識編]

こだわり派からお手軽派まで!美味しくコーヒーを楽しめる道具5選

(文/&GP編集部)

関連記事(外部サイト)