【トヨタワークス“TRD”試乗】さすが直系!新型クラウン&カローラ用エアロが早速デビュー

【トヨタワークス“TRD”試乗】さすが直系!新型クラウン&カローラ用エアロが早速デビュー

【トヨタワークス“TRD”試乗】さすが直系!新型クラウン&カローラ用エアロが早速デビューの画像

NISMO(日産自動車)、TRD(トヨタ)、無限(ホンダ)、STI(SUBARU)というメーカー直系のチューナーが、自慢の作品を持ち込む「ワークスチューニンググループ合同試乗会」。

トヨタ自動車“直系”のTRDからは、先頃ご紹介した「ハイエース」に加え、デビュー間もないトヨタの新型「クラウン」と「カローラスポーツ」向けのエアロパーツが披露されました。このスピード感は、まさにワークスチューナーならではですね!

■機能もデザインも新型クラウンをブラッシュアップ

クラウン用のエアロパーツは、まずノーマルグレード向けとして、フロントスポイラー、サイドスカート、リアバンパースポイラーで構成される「エアロパーツセット」(18万5000円/税抜)を用意。さり気なく、かつ上品に、新型クラウンをドレスアップします。

一方、クラウンのスポーティグレード「RS」用には、よりアグレッシブな形状のパーツが用意されます。サテン調シルバーを用いたフロントスポイラー、風を切り裂くかの形状を採るサイドスカート、そして、リアのバンパースポイラーとトランクスポイラーが、ワイド&ローの印象を強めています(計22万円/税抜)。

また今回、新たな試みとして、TRD初となる「BLACK EDITION」を設定。これは、上記のエアロパーツをそれぞれブラックに塗装したもので、さらに強い個性を演出します。

ちなみに、今回持ち込まれたデモカーの足下には、グロスブラックのペイントが重厚感を醸す鍛造ホイールTRD「SF4」が装着されていて、ミシュランのタイヤ「パイロットスポーツ4S」と組み合わせることでトータルチューンが図られました(計63万6000円/税抜)。クラウンにふさわしい上質な走りと、リニアな操縦感覚を提供します。

そのほか、ボディ前後に装着し、ハンドリングや乗り心地を向上する「パフォーマンスダンパー」(前後で9万円/税抜)に加え、TRD自慢の「ドアスタビライザー」(3万円/税抜)も、専用パーツがリリースされました。つまり、見た目だけでなく、機能面からも、新型クラウンをブラッシュアップできるようになったのです。

■赤のアクセントがカローラスポーツをスポーティに彩る

トヨタのスポーティハッチバック、「オーリス」改めカローラスポーツに、早くもTRDからエアロパーツが登場しました。

開発テーマは、ボディに吸い付くようにデザインされた“大人の装い”。フロントスポイラー、サイドスカート、リアサイドスポイラー、さらにルーフエンドを飾るリアルーフスポイラーもラインナップしています。

さり気ないマッドブラックを基調色とし、アクセントカラーのレッドがカローラスポーツのボディ下部をグルリと囲み、スポーティなイメージをグググッと増幅させちゃいます!

話は少しそれますが、クルマに搭載されるエンジンのコンピュータ制御が進み、トランスミッション、サスペンション、さらに各輪のブレーキを含め、クルマ全体で統合制御されるようになった昨今。たとえメーカー直系のチューナーといえども、ベース車の動力系に手を入れるのは、なかなか難しい面があるようです。

その上、最新モデルは、レーザー、レーダー、はたまたカメラで前方(や周囲)を監視し、必要に応じてブレーキをかけたりステアリングを切ったりもするので、サスペンションを変更して安易に車高を落とすこともできないのだとか。

そのため世のチューナーたちは、昨今、機能部品より空力パーツなどに力を入れるようになっています。そんな中TRDは、2017年末にボディのモディファイを得意とするトヨタモデリスタインターナショナルや、架装・特装を手掛けるジェータックスを吸収・統合。このように、内外装を含めたチューニング体制を強化するTRDの動向からは、今後も目が離せそうにありません。

(文&写真/ダン・アオキ)

[関連記事]
【トヨタワークス“TRD”試乗】カーブでのグラリを抑制。これが“走れるハイエース”の作り方

【試乗】ヴェルファイアが激変!トヨタ直系TRD製“魔法”のパーツ

【日産ワークス“NISMO”試乗】ニュル最速仕様のGT-Rは、荒れたコーナーでも驚きの速さ!

関連記事(外部サイト)