料理もできる焚き火台で秋のキャンプを満喫したい

料理もできる焚き火台で秋のキャンプを満喫したい

料理もできる焚き火台で秋のキャンプを満喫したいの画像

いくつになっても焚き火っていいですよね。ゆらめく炎を見つめるだけで、なんだか自然と心が癒されて、昨日まで悩んでいたことなんて小さかったな…なんて思えたりして。そんな“趣味=焚き火”という方はもちろん、アウトドアをおしゃれに楽しみたいという方におススメしたい、シャビーシックな焚き火台をご紹介します。これを使ったら、本当に焚き火が“趣味”になってしまいそうですよ。

アウトドア用の組み立て式木製家具ブランドYOKAが提案する「COOKING FIRE PIT(フルセット:グリル、麻袋付き 1万5000円/税別)」は、3つのパーツから構成されたシンプルな焚き火台。アイアンシェルフの要領で組み立てるだけで、雰囲気のあるおしゃれな大人の焚き火台が完成します
(組立サイズ:W500xD270xH325mm 収納サイズ:W500xD270x40mm)。

グリル(サイズW500xD230xH6mm)もセットされているので、焚き火を眺めながら、スープをコトコト煮込んだり、ワイルドに肉の塊を焼いたり…もう、それだけで絵になりそうです。それぞれのパーツの大きさを少しずつ変えてあるので、分解して重ねられるのも便利なポイント。持ち運び専用の麻袋も焚き火台同様、いい感じに枯れた雰囲気のデザイン。こういう細やかな心配りに、作り手の深いこだわりが感じられます。

焚き台の厚みは2mmで重量は5kgとかなりの安定感。側面のスリットに差し込むことで3段階に高さを変えられます。鋼板をレザーカットしたロゴ入りのグリルの厚さはなんと6mm。この重厚感、たまりませんね。すでにグリルをお持ちの方は、焚き火台(麻袋付き 8800円/税込)がおススメ。グリル6500円、麻袋1000円(各税別)も単体で購入できます。絵になる焚き火をしてみたい方、これはおススメです。

>>YOKA「COOKING FIRE PIT」

 

[関連記事]
焚き火台とセットで持っていきたい折り畳みテーブル

ただのスキレットじゃない!合体して圧力鍋にもなるぞ

BBQコンロをフル活用するおもしろ調理器具5選

(文/&GP編集部)