最高速45km/h!公道走行可能な電動トライクが楽しそう!

最高速45km/h!公道走行可能な電動トライクが楽しそう!

最高速45km/h!公道走行可能な電動トライクが楽しそう!の画像

通勤や仕事、旅行や買い物、悪天候の時など、車があればとても便利ですよね。ただ、その便利さと引き換えになるのが、保険、税金、ガソリン代、自宅にスペースがなければ月極の駐車場代etc…。否が応にも掛かってしまう出費。また、車があっても目的地に駐車場がなかったり、駐車場の空き待ちで無駄な時間を費やされるなど、便利なはずなのにイライラさせられることもしばしばです。

クラウドファンディング・Makuakeに登場したシージェー・ビート社の「JACKBIKE Q-1(ジャックバイク・キューワン)」(19万3500円〜 10月6日現在)は、普通免許で乗れるミニカー。見た目はスクーター(原動機付自転車)ですが、区分上は何と”普通自動車(ミニカー)”なんです。

「Q-1」は自動車と原付の両方の利点を兼ね備えています。例を挙げていきますと…、

1.原付ではないので?“制限速度30km” や?“二段階右折” の対象外
2.自動車なのに税金・自賠責保険等の維持費用が原付とほぼ同じ(自賠責保険や任意2保険が原付と同じ金額、税金は原付よりも若干高めの2500円)
3. “ミニカー” なので車検や車庫登録が不要
4.自動車なのにスクーター駐車可の駐車・駐輪スペースに駐車できる

…などなど。自動車に比べて維持のための費用や手間が大幅に軽減され、ちょっとした買い物でも駐車場所で悩む機会がグーンと少なくなります。さらに驚くべきはその性能。60V/30Ah超リチウムバッテリーを搭載した100%電動のEV仕様で、充電は付属の専用充電器を利用する他、バッテリーを取り出してコンセントからの家庭用電源で充電も可能です。

約6〜8時間のフル充電で、走行距離は何と約100km(走行条件により変化)という超ロングラン走行を実現し、コスト換算すると10円で約30〜40km走行と非常に経済的です。最高速度は約45km/hで、600Wの電動モーター駆動のため音は極めて静か。夜間の住宅街など、時間や場所を気にせず走行できます。前進3速・後進1速の変速ギアを搭載し、右ハンドルに配されたボタンスイッチでギアをチェンジ。バックギアを使えば駐車も楽々行えます。

車体のカラーリングは黄・白・こげ茶の3色で展開。フロントに前かご、リアに薄型の円形ケース、ハンドル下部と開閉式のシート部にも収納スペースが用意されており、ちょっとした買い物なら余裕の収納性を持っています。ウインカーやミラーなどの保安部品が完備されているので、役所等へのミニカー登録(ナンバープレート取得)や自賠責保険加入などの必須事項を済ませば、あとは自由にライディングするだけ。自家用のセカンドカーとして、またスクーターとしても便利に使えそうですね。

10月6日現在、19万3500円から支援受付中。オールイン形式採用につき支払いを完了すれば、目標金額に未達でも確実に入手できます。発送は2019年5月の予定です。
なお、「Q-1」を運転する際には「普通自動車免許(オートマ限定でもOK)以上」の免許が必要となります。原付や自動二輪のみの免許だけでは運転できないので、くれぐれもご注意ください。
<注意>

※輸入商品です。輸送中の振動や日本との気候差により、車体各部のボルトやブレーキの調整をはじめとする総合的な点検整備が必要となります

※公道走行する乗り物となるので、自動車やオートバイなどと同じように、設備と経験のある整備士により点検整備をしてください。

※点検整備実施後においても走行前の始業点検は必ず行ってください。

※不具合箇所があれば必ず整備して乗車してください。
>>Makuake「JACKBIKE Q-1(ジャックバイク・キューワン)」

 

[関連記事]
最新の原二スクーターはなんとUSBポート付き!

最長約50km走行可!原付ナンバーで公道を走れる電動スクーター登場

クラシカルからスポーティまで!プジョーのスクーター新作が登場

(文/&GP編集部)