“ケルンの衝撃”再び!世界的名車「カタナ」が待望の復活!

“ケルンの衝撃”再び!世界的名車「カタナ」が待望の復活!

“ケルンの衝撃”再び!世界的名車「カタナ」が待望の復活!の画像

さかのぼること38年前。ドイツ・ケルンで行われたモーターショーで発表されたスズキ「GSX1100S KATANA」。日本刀をイメージして作られたそのバイクは、前衛的なデザインで世界中のバイクファンの注目を集め、“ケルンの衝撃”と呼ばれました。

翌'81年からヨーロッパ向けに輸出販売が開始されヒットモデルとなったのですが、当時の日本は排気量の上限を750ccとする自主規制があったため、国内販売はされず。ヨーロッパから逆輸入というカタチでしか国内バイクファンは手にすることができませんでした。

しかしその後、国内向けに750ccや400cc、250ccといった派生モデルを追加していきましたが、残念ながら2000年を最後に生産終了。現在はスズキの名車として、中古車市場で人気となっています。

そんな中、スズキが発表したのが、なんと新型「KATANA(カタナ)」! 発表した場所は、くしくも38年前にもカタナが発表されたケルンというのだから、バイクファンにとってはまさにケルンの衝撃再び!です。

10月2〜7日にかけて開催されたバイクの国際見本市「インターモト」で衝撃のベールを脱いだ新型「KATANA」。シルバーを基調にし、タンクには赤いSUZUKIの文字。タンクからアッパーカウルにかけて鋭く伸びる直線的なラインは、世界中が衝撃を受けたあのカタナを彷彿とさせます。また長方形の縦2灯LEDをヘッドライトなど、パッと見ただけで誰もがカタナだと思えるデザインに仕上げられています。

しかし、スクエアな形状が印象的だったタンデムシートは、近年のバイクに多く見られる小型タイプになり、さらにスズキ初のスイングアームマウントリアフェンダーを採用するなど、現代的な雰囲気も併せ持ちます。

エンジンは「GSX-R1100」に搭載されているものをベースに改良した999cc直列4気筒で、出力は110kW/10,000rpm。そしてトラクションコントロールやABS、ブレンボ製ブレーキキャリパーを装備するなど、仕様は最新バイクそのもの。

浜松工場で生産されるという新型KATANA。2019年春からヨーロッパを中心に販売を開始するとのこと。先日発売されるやいなや大人気となった「ジムニー」といい、最近のスズキは注目モデルを立て続けにリリースしています。10月2日に開催された記者発表会でも、鈴木俊宏社長が「今後も世界中のお客様に革新的でワクワクする商品をお届けすべく、2021年までに大型車を中心に10機種以上の新型モデルを投入していく」と話しました。今後もスズキからは目が離せなさそうです。

>> スズキ

 

[関連記事]
【ジムニーVS.ハスラー】どちらが好み?オフロードに強い人気の2台を乗り比べ!

【ホンダ クロスカブ 110試乗】実用バイクの王者がアウトドアテイストでグッとおしゃれに!

【ホンダ CRF1000L アフリカツイン試乗】納期未定!?デカいツアラーバイクがバカ売れの理由

(文/&GP編集部 円道秀和)