[Gear Maniax #099] ZIPPOの中身を入れればタクティカルライターの完成!

[Gear Maniax #099] ZIPPOの中身を入れればタクティカルライターの完成!

[Gear Maniax #099] ZIPPOの中身を入れればタクティカルライターの完成!の画像

今回ご紹介するのはTHYRM(サイリム)の新製品「PYROVAULT(ピロボールト)」。オイルライターの代名詞であるZIPPO用の外装です。THYRMのバッテリーケース「セルボールドシリーズ」と同じ、軽量で丈夫な樹脂を使用したものです。タクティカルなデザインと機能性の光るおすすめのアイテムです。

 

カラーは全5色。ブラック、OD 、フラッドダークアース、アーバングレイ、レスキューオレンジ。 セルボールドと同じカラーリング展開です。ちなみにこちらの製品、アーマーだけの販売で中身のライターは別売りです。

 

別売りのライターでインサート出来るのは上記のモノとなります。一般的なオイルフューエルからブタンを使用したターボライター系も使用可能です。

通常のZIPPOを開ける時は、蓋を親指で跳ね上げますが、こちらのアーマーは、側面にあるロックを押すとバネで蓋が跳ね上がるフリップアップタイプ。指で跳ね上げることに慣れているとちょっと戸惑います。

ライター以外に入りそうなものを入れてみました。絆創膏や錠剤、SDカードにビットツールなどなど。他に単4電池が3本入りました。逆にいえばその程度のサイズ感です。多くは望めませんが、ボディ部には止水用のOリングがありますのである程度の防水性が期待出来ます。雨に濡れるくらいなら問題ないと思います。

背面には1インチ帯のMOLLEに対応したクリップが付いています。ベルトに挿すことはできませんが、ポケットの縁に引っ掛けるにはいい感じ。他にはタクティカルベストや、リュックのハーネスとかでしょうか? そんなにガッツリ引っかかるようなクリップではないので、携行される時はちゃんとポケットにしまった方が良いかもしれません。

ミリタリーでタクティカルな外観が良いですね。金属製のアーマーとは一味違ったテイストをお求めの方にはおすすめのアイテムです。(アカリセンター価格:3980円)

[Gear Maniax]

 

[関連記事]
“とにかく頑丈”が売りのペリカンケースが軽くなった!

悪路は背負える!キャンプ用スーツケースって使い勝手いいかも

まるでアウトドアギア?人が乗っても折れない傘って頑丈すぎです!

(文・写真/アカリセンター)