創業282年の歴史を腕に巻く!伝統と革新を宿す珠玉の1本

創業282年の歴史を腕に巻く!伝統と革新を宿す珠玉の1本

創業282年の歴史を腕に巻く!伝統と革新を宿す珠玉の1本の画像

1737年に誕生したスイスの高級時計ブランド・FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)が2019年の新作モデルを発表しました。創立282年を記念して製造される今回のモデルは、伝統的なレトロフューチャーデザインを継承しつつ、現代的なブラックを取り入れたコレクション。2月下旬より全国で発売開始です。

「ブラックエディション」と銘打たれた新作モデルは、同ブランドを代表する2種類のモをベースにしています。

「レイダー・ディープブルー ブラックエディション」(31万3200円)は、2018年にフリーダイビング世界記録樹立と、エベレスト登頂をサポートした機械式ダイバーズ「レイダー・ディープブルー」の新色ブラックモデル。

ケース径は44mmと41mmの2種類で、ガンメタルPVD加工のSSケース仕様(ともに300m防水、デイ表示を搭載)。視認性の高い長短針とインデックス、秒表示は時刻の読み取りを妨げない秒ディスクを採用し、高い実用性をもたらします。

「レイダー・ハープーン ブラックエディション」(57万2400円)は、分針は通常の長針をそのまま残し、時針(短針)はアワーリングに、また秒針も秒ディスクで表示するという、特許取得の仕様を持ったダイバーズウォッチです。

ケース径は46mmで、こちらもガンメタルPVD加工のSSケースを採用(500m防水)。ムーブメントは両モデルともに自動巻きとなっています。

ブラックを基調にしたカラーリングと、形を変えながらも一目でファーブル・ルーバとわかる独特のデザインが、それだけで圧倒的な存在感を形成。

ベースモデルから余すことなく受け継がれた正確無比の?“時の刻み” が、時間と戦うビジネスパーソンをしっかりとサポートしてくれることでしょう。

>>?ファーブル・ルーバ「ブラックエディション」

 

[関連記事]
新進気鋭のスイスブランドが放つ腕時計への新たなアプローチ

スイスだけじゃない!ちょっと語りたくなる世界各国の時計ブランド6選

ドイツ製機械式パイロットウォッチが体現する質実剛健な機能美

(文/&GP編集部)