心機一転はバッグから!新生活に向けて狙いたい新作スクエアリュック5選

心機一転はバッグから!新生活に向けて狙いたい新作スクエアリュック5選

心機一転はバッグから!新生活に向けて狙いたい新作スクエアリュック5選の画像

3月から4月にかけてよく目にする“新生活”の文字。別に異動もないし、新たに何かするわけでもない人にとっては、新生活感はあまりないかもしれません。しかし日本は、4月はじまり3月おわりという年度という区切りがあり、そういう意味では、4月はたしかに新たなスタートの季節。それに卒業や入学、入社だって4月からが多いですしね。

桜の開花とともにやってくる、新生活シーズン。せっかくだから心機一転してみるのもアリですよね。新たな1年の始まりを、新たなモノを持ってスタートするのは、気分もあらたまっていいかもしれません。

そこで効果的なモノのひとつが通勤用バッグ。もし長年使い込んだ味のあるバッグを使っているという人も、いったんそのバッグはしまって(捨てずに置いておきましょうね。また使いたくなる時がきっと来ますから)、新しいバッグにするだけでも気分は盛り上がります。そこでぜひ選択肢に入れたいのが、スクエアリュック。もう周りでもたくさんの人が持っているかもしれません。多くの人が使うということは、やっぱりそれだけ良い点があるということ。まだ使っていない人はぜひ、もう使っているという人も、今使っているリュックの不満を解消してくれるモノを探してみるのはいかがでしょうか。

 

1.シンプルだからこそ使いやすい!

スクエアリュックの利点は、書類やノートPCを入れやすいことです。書類もノートPCもどちらもスクエアですからね。ただし細かい荷物が奥に埋もれやすいというデメリットもあります。そんなデメリットは、バッグ内部の小物入れを活用することで、少しは使い勝手が良くなります。このリュックも内部の上の方にペン差しや小物入れが付いていて、ここを上手く使えば、使い勝手もアップしますよ。

>> シンプルなスクエアリュックだけど防水バッチリってポイント高い!

 
2.ノートPCはしっかり保護!

リュックにノートPCを入れる時に、気になるのが底突き。例えば地面や床にリュックを置いた状態でノートPCをストンとPCポケットに落とすと、底にクッションなどがなければ、ゴンッと下に衝突してしまいます。ソッと入れればいい話なのですが、毎日、人によっては1日何度も出し入れすることになると、さすがにちょっと面倒。もう少しラフに入れたいと思いますよね。このリュックはPC収納部がリュック内の上部から吊るされた状態になっているので、ストンとPCを落としても底を突くことはありません。

>> あの「VAIO」とコラボ!PC収納に特化したリュックが実現

 
3.Appleも認めるブランドIncaseの新作

Incaseといえば、Apple Storeでも販売されていることからもわかるように、Appleが認めた使い勝手の良さとシンプルなデザインが魅力のバッグブランドです。これまでもシンプルな見た目とは裏腹に、使いやすいポケットなどを備えたバッグをいくつも発売してきましたが、IncaseといえばやっぱりノートPC収納。この新作も、しっかりとPCを保護してくれるクッション付きのポケットを備えています。これまでのIncaseのリュックとは異なり、PC収納部は独立式ではなく、メイン収納部内の背面側にポケットが付いています。

>> Incaseにお手頃価格のビジネス向け新シリーズが登場!

 
4.人気バッグシリーズが素材をアップデート

横にするとブリーフとして、背面側にはショルダーストラップを備えてリュックとしても使え、さらにショルダーバッグにもなる3wayタイプです。トラベルブランド、MILESTOが発売するバッグシリーズ「STLAKT」は、2本の太いラインが特徴的で、軽くてしっかり収納できる機能性を併せ持つ人気シリーズ、この新作はさらに、メインの素材をX-pacという軽くて丈夫なものにアップデート。黒もありますよ。

>> タフさには自信あり!注目の新素材を使った軽量防水バッグ

 
5.上品なレザーのスクエアバッグだけど実は…

やっぱり仕事用のバッグはレザーがいい、という人もいるかもしれません。だったらこちらはいかがでしょうか。パッと見は、縦持ちも横持ちもできて、かつリュックにもなるスクエアなレザーバッグですが、実はこれカメラバッグとしても使えるんです。内部はクッションが敷かれ、いわゆるカメラバッグのように動かせる仕切り付き。さらに周囲に付いたファスナーを開くと、一気に70%も容量アップできるんです。これなら一眼レフやレンズだって余裕で入れられちゃいます。いざという時、容量が増やせるのは、カメラバッグとして使わなくても便利ですよね。

>> スクエアなレザーバッグ、実は容量を変えられるカメラバッグなんです!

 

[関連記事]
ちょい大きめがイイね!人気アウトドアブランドの容量30L前後のバックパック5選

機能性もデザインもイイ!1万円前後の高コスパなリュック5選

サコッシュ以上リュック未満なちょっと小さめ週末バッグ6選

(文/&GP編集部)