警視庁にたったの1台!「公安機動捜査隊指揮官車両」が1/43 になって登場

警視庁にたったの1台!「公安機動捜査隊指揮官車両」が1/43 になって登場

警視庁にたったの1台!「公安機動捜査隊指揮官車両」が1/43 になって登場の画像

モーターファンの中でも熱狂的なマニアが多い特殊車両。特に「警察車両」は職務に特化したシルエットや装備類、希少性の高さも相まって、狭い範囲ながらも深度の深い人気を獲得しています。

そんな警察車両をメインとするモデルカーシリーズ「RAI'S」を発表しているヒコセブンより、また新たな車両が登場しました。

今回の新作は、警視庁に1台だけ配備されている超希少な警察車両をモデルとした「1/43 日野 レンジャー 2015 警視庁公安部公安機動捜査隊指揮官車両」(2万5920円)です。

「警視庁公安部公安機動捜査隊指揮官車両」の特徴である天井部の各種アンテナ類や指揮台、細かなディテールに至るまで1/43スケール(車長約21cm)で忠実に再現。

ボディ素材は、レジンを使用し、実際の車両と同様の塗装も施されています。ディスプレイモデルのため可動部分はありませんが、造形の細かさと再現度の高さは眺めているだけで感嘆の息が漏れるほどです。

4月3日に始まった予約受付が予定数到達で早々に終了するなど、人気と注目度の高さが伺える新作モデルカーです。

直営店「モデルギャラリーHIKO7」及び全国の模型取扱店にて、5月下旬より店頭販売が開始されます。1度限りの生産で販売台数は限定500台となっていますので、入手を希望される方はお買い逃がしのないようにご注意を。

>> ヒコセブンプラス「1/43 日野 レンジャー 2015 警視庁公安部公安機動捜査隊指揮官車両」

 

[関連記事]
働く車ってカッコいい!これ1/72「空港用化学消防車」なんです

世界に誇る海上自衛隊の水陸両用飛行艇「US-2」を1/144スケールで再現!

防護力よし!機動力よし!陸自の軽装甲機動車はミニカーの再現力もよし!

(文/&GP編集部)

?