幻想的な「極夜」をイメージ。上品な黒が腕元に宿るBERINGの新コレクション

幻想的な「極夜」をイメージ。上品な黒が腕元に宿るBERINGの新コレクション

幻想的な「極夜」をイメージ。上品な黒が腕元に宿るBERINGの新コレクションの画像

各地で次々に開花しているこの桜が散れば、あっという間に暑い季節がやってきます。そんなこれからのシーズンにぴったりなのがBERINGのウォッチです。北欧デザインのシンプルさとモダンさ、北極の美しい自然をモチーフとしたデザインで人気を集めるこのブランドより、日本限定の特別なモデルが登場しました。

オーロラが映える「極夜」をイメージした幻想的な一本には、ふたつの異なる素材のストラップが付属します。

日本限定モデル「Polar Night(ポーラーナイト)」は、北極圏の「極夜」にインスピレーションを受けたデザイン。「極夜」とは、夏に起こる「白夜」とは逆に、冬の時期に太陽が昇らず日中も薄明りですぐに暗くなるという現象で、青白い薄明りの中でオーロラが最も美しく見える時期とも言われているそうです。

そんな幻想的な景色を表現したコンセプトモデルは、ケースとストラップを夜空のようなブラックで統一。文字盤の中央のインナーサークルに採用したマザーオブパールは、まるで幻想的に揺らめくオーロラのように淡くさりげない輝きを放ちます。

このコンセプトモデルのベースは、BERINGのコレクションで最も人気の、付け替えベルトを付属したChangesシリーズ。「Polar Night」も、ステンレススチールメッシュのブラックストラップとラバー素材のブラックストラップという素材の違うふたつのストラップが同梱されているので、シーンや気分によって付け替えて、違った表情を楽しめそうです。

40mmと36mmの2サイズ展開で、どちらも2万4000円(税別)。年齢や性別を問わないユニセックスなデザインなので、ペアモデルとしても楽しめます。

>> BERING「Polar Night」

 

[関連記事]
機能的かつ美しい、上品なネイビーに彩られたミニマルなデンマークウォッチ

モチーフは製図用品!シンプルな中に機能美を宿す美しい腕時計

ベゼルに刻まれた空港コードがエアラインパイロットの世界観を表現する新作TRUME

(文/&GP編集部)