長期休暇の楽しい思い出は4Kビデオカメラに保存しよう

長期休暇の楽しい思い出は4Kビデオカメラに保存しよう

長期休暇の楽しい思い出は4Kビデオカメラに保存しようの画像

旅行やイベントなどの楽しい思い出は、動画で残しておくのがスタンダードとなりました。スマホで撮影するのもアリですが、長時間かつ高画質で撮影できるHDD内蔵ビデオカメラの方が断然オススメ。

5月23日より発売されるパナソニックの最新ビデオカメラなら、プロ級の4K高精細動画を撮影できますよ!

2モデル・全6機種での登場となる「パナソニック デジタル4Kビデオカメラ(HC-WX2M・WZX2M・VX2M・VZX2M/VX992M・VZX992M)」(すべてオープン価格)は、手軽に4K高画質撮影が楽しめるビデオカメラです。20倍以上の光学ズームと最大250倍のデジタルズームを搭載し、撮影状況を自ら判断することで、ブレのない映像記録を可能にする2種類のブレ補正機能を備えています。

4K撮影の他、映画のような24p記録にも対応し、内蔵メモリー(64GB)使用時は最大で約27時間30分の録画が可能。SDカード(SDXC・SDHC・SDに対応)及び、同梱バッテリーと別売りのバッテリーパックを併用することで、さらに長時間の録画を行えます。

運動会のゴールシーンなど、感動のシーンをスローモーションで保存できる「あとからスロー&クイック」機能をオーディオ向けの高音質パーツを搭載し、シーンに合わせた録音設定ができる6種類のシーンモードなど、臨場感のあるクリアな音を実現。

撮った映像をリアルタイム&再生ですぐ確認できる3型ワイド液晶モニターは、モニター部を180度回転しても操作アイコンが表示され、自分撮り操作も簡単に行えます。

REC/PAUSEが画面中央に大きく表示されるので、録画ボタンの押し忘れや切り忘れなどの誤操作を未然に防止。ナイトモードも搭載しており、夜間や暗所での撮影でも美しいカラー映像を残すことができます。

今回登場した6モデルは、狭い室内でも背景を広く、また大勢の被写体を写せる「ライカディコマーレンズ」を搭載。さらに、上位機種となる「WX2M・WZX2M・VX2M・VZX2M」には、キレイに撮影できている部分を自動で判別して約10秒間の動画を作成する機能「ハイライトシェア」や、内蔵のサブカメラやスマホカメラと接続して撮影できる「ワイプ撮り」機能も搭載します(WX2M・WZX2Mのみ)。4K動画からの静止画切り出し機能で、最高のワンショットを保存することも可能です。

本体外寸は「WX2M・WZX2M」が幅68×高さ77×奥行158mm、重さ約523g、カラーはカカオブラウン。「VX2M・VZX2M」は幅68×高さ77×奥行142mmで、重さは約473g。カラーはフォレストカーキとピュアホワイトの2色。

「VX992M・VZX992M」は幅65×高さ73×奥行141mm、重さは約398g。アーバンレッド、ピュアホワイト、カカオブラウンの3色で展開します(本体の重さはいずれも付属のバッテリー装着時)。レンズフード、ACアダプター、パソコンやモニター等へ接続するためのHDMIマイクロケーブルやUSB接続ケーブルなどが付属し、パソコン上での動画取り込みや編集が行える専用ソフト・HD Writer AE 5.4がダウンロードで無償提供されます。

4K動画撮影と充実の機能を備えたデジタルビデオカメラ。大事な一瞬を美しく、しっかりと記録してみてはいかがでしょうか。

>> パナソニック「デジタルビデオカメラ」

 

[関連記事]
旅の季節にお役立ち!4Kビデオカメラで思い出を残す

動画撮るならやっぱり専用機!最新ハンディカムは手ぶれをガッチリ補正

どんなビデオカメラでも広角に!後付けレンズキットが便利です

(文/&GP編集部)