片手で操作できるようになったレザーマンの新ツールは使いやすさ抜群です

片手で操作できるようになったレザーマンの新ツールは使いやすさ抜群です

片手で操作できるようになったレザーマンの新ツールは使いやすさ抜群ですの画像

ナイフやヤスリやニッパーなどサバイバルに役立ちそうなアイテムの数々が1本のツール内に収納されているもの。それが、通称「マルチツール」です。

米軍にも採用され、その精巧な作りと使用感で高い人気を誇るLEATHERMANのマルチツール「FREEシリーズ」から、より使い勝手がパワーアップした新作が発売されました。どこか変化したのか、その秘密を見てみましょう。

次世代マルチパーパスツール「FREEシリーズ」(6700円〜2万3000円/税別)が、アメリカ最大のマルチパーパスツールブランド「LEATHERMAN」から発売になりました。

「ユーザーは実際にどうツールを使用しているのか」をゼロから研究を重ね、その結果、従来モデルとは別次元の使い易さをとデザイン性を実現した次世代マルチパーパスツール「FREE」を誕生させたとのこと。

これまでも、持ちやすく使いやすくを考えて作られてきたアイテムなのですが、本作ではより深くUSEFULを追求するため、人間工学に基づく設計がなされました。全てのユーザーの手に馴染み、ホールド感が優れるように設計されたエルゴノミクス・デザインが採用されています。

最大の改良点は、親指で押すことでツールを取り出すことが可能な仕様になり、従来製品でストレスだった爪でツールを引っかける動作が一切不要です。これにより、片手での「ツール取出し→操作→ロック解除→ツールを閉じる」までの一連の動作が、スムーズかつ簡単に行うことを可能にしてくれました。

業界初となるマグネット構造もユニークです。本体に組み込まれた半永久的に持続する磁力により、各ツールのロック動作と開閉操作をする際の抵抗と消耗を大幅に軽減いています。

ラインナップは3タイプ。
▼FREE-Pシリーズ

FREE-Pシリーズは、マルチパーパス・プライヤーツールです。精度が高いプライヤーをメインツールにした機能数や工具としての強度を求めるユーザーに最適なモデルです。

新テクノロジーを備えたプラットフォームは、ハンドルを閉じた状態からプライヤーへの移行が片手で瞬時に実行できます。
▼FREE-Tシリーズ

FREE-Tシリーズは、マルチパーパス・ポケットツールです。ポケットに収まる軽くて携帯に便利な小型モデルですが、決して「ライトユース」用ではありません。

日常使いを主にプライヤーまでは必要としないベーシックな機能で充分な方に最適なモデルです。使用頻度が多いEVERY DAY CARRYだからこそ素早くスムーズに使用できる「FREE」の強みが活きます。
▼FREE-Kシリーズ

FREE-Kシリーズは、マルチパーパス・ナイフのモデルです。刃渡8.4cmのブレードはLEATHERMAN現行ラインでは最も長身で厚みがあります。しっかりと使うことが出来るフォールディングナイフが厳選されたツールを装備しています。

なお、製品に絶対の自信を持つ「LEATHERMAN」は、全アイテムが25年の保証サービスつき! じつに四半世紀の保証です。「Pシリーズ」は4月17日より発売中で、「Tシリーズ」は6月、「Kシリーズ」は7月発売予定となっています。ベテランユーザーから初めてレザーマンを手にする方まで幅広くカバーしてくれる「FREEシリーズ」を手にしてみてください!

>> レザーマンツールジャパン「FREEシリーズ」

 

[関連記事]
武骨さにしびれる!レザーマンの定番モデル「CHARGE PLUS」に迷彩柄が登場!
新色登場でレザーマンのサバイバルツールがさらに存在感UP!

レザーマン「Style PS」が真の携帯できるマルチツールである理由

(文/&GP編集部)