地球から宇宙へ、天体の美しさを凝縮した腕時計のメカニズム

地球から宇宙へ、天体の美しさを凝縮した腕時計のメカニズム

地球から宇宙へ、天体の美しさを凝縮した腕時計のメカニズムの画像

機能性、デザイン、耐久性…。時計に求めるものは人それぞれですが、太古の昔から空を見て時を知ってきた私たちは、本能的に時計に宇宙を求めるのかもしれません。

そんなことを思わせる美しい腕時計が、ジラール・ペルゴから誕生します。地球のようなブルー。宇宙のようなブラック。そして伝統と技術革新が融合した機械式ムーブメント。どうです、いつまでも眺めていたくなりません?

スイスの高級腕時計メーカー、ジラール・ペルゴの2019年のテーマは「アース・トゥ・スカイ(地球から空へ)」。このテーマの一環として今回発表されたのが、「ネオ ブリッジ アース・トゥ・スカイ エディション」(297万円/税別)です。

ブラックDLCコーティングが施されたチタン製で、ケース径は45mm。ラバー風アリゲーターのストラップに、金具にはチタン製トリプルフォールディングバックルと、新しいセンスが感じられるモデルに仕上がっています。

機械式ムーブメントには信頼性の高い「GP08400-0002」を搭載しています。約54時間のパワーリザーブを保証するマイクロローターと香箱は完全に左右対称に配置。香箱カバーとマイクロローターのブルーPVDコーティングを含む現代的な仕上げと、上品なカーブを描くブリッジ、プレートブリッジを飾るブラックPVD加工が、時計の構造を強調しています。

内部構造はダイヤルがないことで全て外側から見ることが可能。このモデルのために特別に開発されたボックス型サファイアクリスタルは、通常の時計の約10倍の量の素材を要し、光を捉えてムーブメントの中心部へと集めることを可能にしています。

透明なサファイアクリスタルのケースバックにより見える、208個の部品から成るメカニズム。力強くも精緻な「ネオ ブリッジ アース・トゥ・スカイ エディション」のムーブメントに、いつまでも目を奪われそう。発売は2019年6月の予定です。

>>?ジラール・ペルゴ

 

[関連記事]
ステンレススチールのヘアラインが美しい新作スペイン時計

個性的な文字盤が特徴!”バカンス時計”でファッションに差をつける

黒レザーに黒のスクエアフェイス!2万円台で手に入るシックな腕時計

(文/&GP編集部)