高コスパのスティッククリーナー投入でシェア拡大を図るレイコップ #家電最前線

高コスパのスティッククリーナー投入でシェア拡大を図るレイコップ #家電最前線

高コスパのスティッククリーナー投入でシェア拡大を図るレイコップ #家電最前線の画像

【#家電最前線】
企業戦略から機能性・デザイン性に最新テクノロジーなど、日々革新を続ける白物家電業界から届く新製品を、記者独自の目線によるレポートで紹介。新たなライフスタイルやビジネス視点のヒントを探っていきます。
レイコップ・ジャパンが2019年4月18日にコードレススティック掃除機、「レイコップ RPC」と「レイコップ RHC」の2シリーズ3モデルを発表しました。2019年4月24日発売で、価格はオープン。ラインアップと実勢価格は以下の通りです。

レイコップ・ジャパンは2012年2月にふとん専用掃除機「レイコップ」の本格的な国内展開をスタート(当時はブカンセムズ社)し、これまでのふとん掃除機世界累計出荷台数は600万台を記録したとのこと。

2018年2月には世界初のふとんコンディショナー「レイコップ futocon」を、2019年3月には水拭きロボット掃除機「ミズロボ」を販売するなど、ふとん掃除機以外にもビジネスを広げています。

ここでいよいよふとんだけでなく、フロアや家具なども掃除できるコードレススティック掃除機が登場したというわけです。

 
■フロア掃除からふとん掃除まで幅広く使えるレイコップ RPC
レイコップRPCの魅力は、パワフルな吸引力でフローリングからじゅうたん、テーブルやソファなどの家具の上や、ベッド、ふとん、枕など家中を幅広く掃除できる点にあります。

フラッグシップモデルの「レイコップ RPC」。デュアルヘッドに加えて、UVヘッド、自動車内やソファーなどの掃除に便利な「ミニパワーヘッド」、家具や棚の上などの高い場所を掃除する際に角度を変えられる「フリーアジャスター」のほか、「すき間ノズル」や「2WAYノズル」を付属しています。

じゅうたんやラグに向く「メインブラシ」とフローリングに向く「ソフトブラシ」を搭載する「デュアルヘッド」を採用。

デュアルヘッドには2つの独立モーターを搭載するブラシを搭載しており、フットレバーを足で踏むだけでフローリングに向くソフトブラシからじゅうたんやラグなどに向くメインブラシに切り替えて使えるようになっています(メインブラシからソフトブラシへの切り替えは、ソフトブラシを上から踏む仕組み)。

ソフトブラシは毎分1500〜1700回転、メインブラシは毎分2500〜2800回転と、床に合わせて回転数を最適化しているのも大きな特徴です。

レイコップのふとん掃除機はホコリやハウスダストの吸引に加えてUV(紫外線)照射と「たたき」機能を組み合わせたのが大きな特徴ですが、このモデルではレイコップシリーズとして初めて「UV」+「たたき」+「吸引」が一体化し、約99.9%の除菌・ウイルス除去が可能。 さらに3分で約90%のハウスダスト除去効率を実現しているとのことです。

約0.3?の超微細粉じんを99.9%以上捕集してきれいな空気だけを排出する4段階クリーンシステムを採用しており、ダストボックスセットからマイクロHEPAフィルターまですべて簡単に取り外して水洗い可能になっています。

標準質量は約2.9kg(本体質量は約1.7kg)。約3.5時間の充電で約40分(標準モードの場合。パワーモードで約20分、ターボモードで約6分)の連続掃除が可能。

バッテリーは着脱式で、本体にACアダプターを接続して充電するだけでなく、バッテリーのみの充電も可能です。別売バッテリーを用意すれば、さらに長時間掃除もできます。

■軽量スリムでゴミセンサーが便利な「レイコップ RHC」
レイコップ RHCは、モーターヘッドを搭載しながら本体と延長管、モーターヘッドを組み合わせた標準質量が約1.6kg(本体約1kg)という軽量タイプのモデルで、床やふとんの中にある目に見えない粒径20μmまでのハウスダストを感知して取り逃しを防ぐ「ゴミセンサー」を搭載しているのが大きな魅力です(レイコップ RPCには非搭載)。

上位モデルのRHC-300には除菌・ウイルス除去や微細なダニを含むハウスダストを除去するUVヘッドも付属。従来のレイコップふとんクリーナーにも搭載している「UV」+「たたき」+「吸引」によって約99.9%の除菌と約96%のウイルス除去、3分で90%以上のハウスダスト除去効率を実現しているとのことです。また、UVヘッドが付属しないRHC-100には、布用ノズルが付属します。

手を汚さずにゴミを捨てられる「ワンタッチゴミ捨て」機構や、テーブルや壁などに本体をすぐに立てかけられる「立てかけクッション」も搭載。ダストボックスはRPCシリーズと同様、簡単に取り外して丸ごと水洗いができます。バッテリーを着脱できるのもRPCシリーズと同様です。

約3時間の充電で、約30分の連続掃除が可能(弱モードの場合。標準モードで約20分、ターボモードで約15分)です。
■気になる部分はあるものの、どちらも魅力的な仕上がり
ダイソンが大きなシェアを占めつつ、パナソニックや日立アプライアンス、三菱電機、シャープなどの大手国内メーカーも含めてしのぎを削るコードレススティック掃除機市場において、ふとん掃除機では一定のブランド力を持つレイコップが満を持して参入ということになりました。

レイコップ RPCは、ダイソンや国内大手メーカーなどによるフラッグシップモデルが7〜8万円以上するのがほとんどの中で、本格的なふとん掃除機能を搭載しつつ実勢価格5万9800円と十分に戦える価格帯で登場しました。

最新の「Dyson V11」なども含めて充電ドックが主流になりつつある中で、そうしたオプションが用意されていないのは少し気になるところではありますが、フローリングも楽も家具もベッドやふとんもすべてしっかり掃除したいという人には魅力的なモデルではないでしょうか。

残念な点としては、バッテリーの充電がACアダプターを直接挿すスタイルなことです。シャークニンジャの「EVOPOWER」などと同様、充電器に挿して充電するようなスタイルの方がより手軽に使えるのではないかと思います。

軽量スリムモデルのレイコップ RPCはゴミセンサーが非搭載なので、パワフルにしっかりとふとんを掃除したい人には、やはりRHCの方がおすすめです。

RHCシリーズは上位モデルでも2万7800円と比較的リーズナブルで、アイリスオーヤマなどの軽量スリム&リーズナブルなモデルとも互角に渡り合えるコストパフォーマンスの高さが魅力です。普段使いでは十分な吸引力があり、軽くて取り回しがしやすいこと、ゴミセンサーでゴミやホコリを取り切れたかどうかを確認できるのも魅力です。

吸引力ではRPCより劣るものの、ふとんやまくらなどに潜むホコリやハウスダストなどを取り切れたかどうかゴミセンサーで確認しながら掃除できるので、ハウスダストアレルギーなどを持つ家族のいる家庭ではより安心して使えることでしょう。

>> レイコップ「コードレススティッククリーナーRHC」

 

[関連記事]
部屋の空気よりキレイ!ダイソンのふとん対応掃除機

ふとん掃除機の本命登場?シャープ「Cornet(コロネ)」

これぞ日本の家電!掃除機+空気清浄機にふとん掃除機が合体!

(取材・文/安蔵靖志)

あんぞうやすし/IT・家電ジャーナリスト

ビジネス・IT系出版社で編集記者を務めた後、フリーランスに。総合情報サイト「日経トレンディネット」、「NIKKEI STYLE」などで執筆中。KBCラジオを中心に全国6放送局でネットしているラジオ番組『キャイ〜ンの家電ソムリエ』にも出演中。