伝統と最新技術の融合!「レザー雪駄」が新しい!

伝統と最新技術の融合!「レザー雪駄」が新しい!

伝統と最新技術の融合!「レザー雪駄」が新しい!の画像

暖かいなあと思う日が増えてきました。すでに暑いくらい。職場では夏場も革靴で過ごすという人も、休日くらいは身軽なフットウェアを選びたいですよね!

夏場を快適に過ごせるフットウェアの定番といえばサンダルですが、今年は新元号「令和」で迎える初めての夏。日本の伝統と最新技術を融合した「レザー雪駄」を試してみては?

国内自社一貫生産にこだわり続ける革靴メーカーのLIFT(リフト)。クラウドファンディング・Makuakeで先行販売をスタートした「柔らかいレザー雪駄サンダル」(1万2636円〜 4月23日現在)は革靴製造で培われた確かな技術力とvibram社製ソールの採用により、快適で肌に馴染む履き心地を実現しています。

雪駄というと鼻緒部分が足に食い込み、長い時間履くのは疲れるイメージがあるのでは? 「柔らかいレザー雪駄サンダル」は鼻緒内側の素材に柔らかく、通気性の良い豚革を採用しているから、長時間履いても蒸れづらく快適。鼻緒の曲線を通常の雪駄よりもサンダルに近い仕様にしているからより気楽に履けます。

鼻緒表面の素材には内側とは異なる牛革を使用し、エイジングを楽しめるようにしているのもこだわりを感じるポイントです。

ソールには登山靴のソールで知られるvibram社製のソールを採用。軽量のEVAをベースにしたモルフレックス配合素材で軽さはもちろん、クッション性や耐久力にも優れています。

サイズはS(最大幅102mm×265mm)、M(最大幅105mm×275mm)、L(最大幅115mm×285mm)の3種類、カラーはホワイト・ブラック・ネイビー・オレンジの4色展開で、クラウドファンディング・Makuakeにて5月14日まで先行販売中です。

洋服にも合わせやすいシンプルでお洒落なデザインも魅力的。今年の夏は日本の伝統フットウェアで粋に過ごしてみてはいかがでしょう?

>> Makuake「柔らかいレザー雪駄サンダル」

 

[関連記事]
見た目は雪駄、履き心地はスニーカーなんです
Teva×MHL初コラボ!アウトドアからタウンユースまで活躍します

今年の夏はカーキ×オレンジの限定テバサンで人とは違う足元に!

(文/&GP編集部)