なにその時計?と注目されそうな回転ディスク時計

なにその時計?と注目されそうな回転ディスク時計

なにその時計?と注目されそうな回転ディスク時計の画像

AppleWatchを始めとするスマートウォッチが流行っています。一方で、アナログ腕時計も根強い支持があります。機能面や味わいでスマートウォッチにはない利点がありますよね。そこで、ちょっと個性を際立たせたいあなたに、ちょっとめずらしいスタイルのアナログ腕時計はどうでしょうか?

黒と白のコントラストが冴える、長針短針がないアナログ時計「回転ディスク腕時計」が新発売です!

イタリアの時計ブランド・トリフォグリオ・イタリアの回転ディスク式腕時計「ミリメトロ デュアル」 (5万4000円〜6万円/税別)が、日本でも発売されました。

文字盤が回転して時刻を表示する「回転ディスクシステム」をレトロなデザインに仕上げたトリフォグリオ・イタリアのMILLIMETRO(ミリメトロ)は、世界中にファンがいる人気シリーズ。時・分・秒を表示する大中小3枚のディスクが回転し、12時位置の赤い線に揃った数字で時刻を表示する、独特の読ませ方を特徴としています。

このたび多くのユーザーリクエストから生まれたのが、モノトーンバージョンの「ミリメトロ デュアル」。スタイリッシュなデザインはそのままに、 いくつかの仕様が変更になっています。

・2色の文字盤に映える数字書体を採用。
・12時位置の扇型拡大レンズのサイズアップ、赤いラインも太くなって視認性が向上
・ベルト交換が簡単なクイックリリース式バネ棒を採用
・レザーベルトはイタリア製のヌバックレザーを使用

価格は、レザーが5万4000円(税別)、 ステンレスメッシュが6万円(税別)になります。

>>?トリフォグリオ・イタリア

 

[関連記事]
地球から宇宙へ、天体の美しさを凝縮した腕時計のメカニズム
動くのは針ではなく文字盤。ダ・ヴィンチから着想を得た斬新すぎるタイムピース

1秒で6回時を刻む、秤を模した機械式時計が描く精緻なる時

(文/&GP編集部)