くっつくアンプでどこでもエレキを練習しようぜ!

くっつくアンプでどこでもエレキを練習しようぜ!

くっつくアンプでどこでもエレキを練習しようぜ!の画像

エレキギターの演奏に欠かせないアンプは、本格的なものだと高価で重く大きく、持ち運びも大変なもの。でも「自宅でちょこっと練習したいだけ」「屋外でも気軽に演奏したい」というニーズも多いはず。そんな使い方にぴったりなポータブルアンプがローランドより登場です。

しかも、ギターに吸盤でくっつけて使えるのでケーブルも邪魔になりません。気軽に身軽に、どこでもエレキの演奏が楽しめますよ。

ローランドの展開するモニター・スピーカー・ブランド、Fluid Audio(フルイド・オーディオ)より発売となる、ポータブル・ギターアンプ「Strum Buddy」(オープン価格)。

重さわずか181gと軽量でコンパクトな本体には、吸盤が付いており、お持ちのギターにピタッとくっつけて使用。電源はUSB充電式のため、ギターとケーブルで接続するだけで使用可能。最大で3.5時間ほど駆動します。最大出力は6Wで、自宅での練習などでは十分なボリューム。

エレキの演奏には欠かせない3種のエフェクターも内蔵。音を心地よく歪ませる“クランチ”、音に揺らぎを与えて透明感を演出する “コーラス”、音に広がりを持たせる“リバーブ”を搭載しています。

さらに、ヘビメタがお好きな方向けに、ヘビメタ版である「Strum Buddy Heavy Metal」(オープン価格)もラインアップ! 違いはエフェクターで、“リバーブ”の他、音を強く歪ませる “オーバードライブ”、うねるような効果を与える “フェイザー”を搭載。お好みで選びましょう。

屋外でも気軽に演奏できるので、キャンプやBBQなどの盛り上げ役にもなってくれそう。楽しみは発売は4月27日です。

>>ローランド「Strum Buddy」

 

[関連記事]
beyerdynamicヘッドホン専用アンプで外でもハイレゾ楽しんでみては?

趣味部屋にぴったり!フェンダーのBluetoothスピーカーで音楽に没頭できますよ

Fenderが手がけるイヤホンはやっぱり超高音質だ!

(文/&GP編集部)