広大な宇宙を閉じ込めたエコ・ドライブ搭載の「カンパノラ」

広大な宇宙を閉じ込めたエコ・ドライブ搭載の「カンパノラ」

広大な宇宙を閉じ込めたエコ・ドライブ搭載の「カンパノラ」の画像

新生活が始まり慌ただしいスケジュールに追われる日々。たまには満天の星空を見上げ日々の悩みを忘れ去りたくなりますが、なかなか星空を堪能する機会がないのが現実ですよね。

“宙空の美” をコンセプトに独創的なデザインの時計を生み出してきたシチズン時計・CAMPANOLA(カンパノラ)。新モデル「エコ・ドライブ リングソーラー」は宇宙における居住空間の窓から見える景色を表現した、定期的な電池交換不要の光発電時計です。

これさえあれば、いつでも星空を感じられるかも?

シチズン時計・CAMPANOLA(カンパノラ)の新モデル「エコ・ドライブ リングソーラー」(28万800円〜)は5月23日発売予定の光発電時計。2011年に登場したエコ・ドライブ・コレクションの8年ぶりの新モデルです。

今作のテーマは、「宇宙における居住空間とその窓から望む景色」。文字盤全体で近未来的でクリーンな宇宙船内を、6時方向に設けられたサブダイヤルで窓から見える宇宙空間をそれぞれ表現しています。

注目はやはり宇宙空間を表現しているサブダイヤル。日本の伝統工芸である漆が施されており、独特な深みのある色合いが、宇宙空間の奥行きを感じさせます。月齢を視覚的に表現する「ムーンフェイズ」も搭載。窓から見える月が毎日変わるから本当に宇宙に住んでいるような気分になれそう。

カレンダー表示機能(月・日・曜・月齢)を搭載している他、日常用生活防水仕様で実用性もバッチリ。

ラインナップは紺瑠璃(こんるり)、?鳥(そにどり)、深緋(こきあけ)の3種類。ケース径は従来の43.5mmから41.0mmにサイズダウンし、より日常使いしやすくなっています。

>> シチズン「CAMPANOLA」

 

[関連記事]
文字盤は和紙!? シチズンの技術と日本の伝統が融合した世界最高峰のタイムピース
「未来ボタン」と「過去ボタン」って何?200年の時を読み取るシチズン「カンパノラ」新作

自分好みにカスタム可能。シチズンの新スマートウオッチの実力とは?

(文/&GP編集部)