昭和も忘れないで!お金を入れると昭和、平成の出来事を喋るぞ!

昭和も忘れないで!お金を入れると昭和、平成の出来事を喋るぞ!

昭和も忘れないで!お金を入れると昭和、平成の出来事を喋るぞ!の画像

500円玉貯金で挫折する最大の原因は飽きること。でもこの貯金箱なら飽きさせません!

タカラトミーアーツから新発売の「タイムスリップ貯金箱 平成バンクマン」(6980円/税別)は、500円玉を入れると、くるくると表情を変えながらその日にあった平成の出来事をおしゃべりし、お金を貯めるたびに楽しく盛り上げてくれます。

オレ、昭和生まれだもんというあなた、昭和バージョンの「タイムスリップ貯金箱 昭和バンクマン」(6980円/税別)もありますよ!

4月25日発売の「タイムスリップ貯金箱 平成バンクマン」「タイムスリップ貯金箱 昭和バンクマン」は、500円玉を最大100枚、5万円分まで貯められる貯金箱です。

500円玉を入れると、例えば「テレビ放送が、完全に地デジに切り替わった日 平成23年、テレビのアナログ放送が終了。8年をかけて行われた、アナログ放送からデジタル放送への切り替えが、完了したんだ。」といったように、貯金した日に起きた出来事をおしゃべりしてくれます。

さらに同じ日にもう一枚貯金すると、最初の話に加え、「地デジへの完全移行を推進するため、“地デジカ”っていう鹿のキャラクターも活躍したよ。」など、追加のネタを話してくれます。

「平成バンクマン」は平成の出来事を、「昭和バンクマン」は昭和の出来事をおしゃべりします。「平成バンクマン」はのんびり屋、「昭和バンクマン」アツい性格とそれぞれにキャラクターがあり、また「平成バンクマン」には平成に建った東京スカイツリーが、「昭和バンクマン」には昭和に開業した東京タワーが立っているといったように、見た目にもそれぞれの時代を感じさせるデザインとなっています。

「バンクマン」には約1300種類のワードが収録されており、その日の出来事の話の他にも、貯金を催促したり、応援したり、達成時にお祝いしたり、現在の合計金額や時刻を教えてくれたり、といった機能も搭載。

またおしゃべり機能もさることながら、同時に目と口が動き、くるくると変わる表情も「バンクマン」の魅力のひとつです。その人間味あふれる絶妙な表情と相まって、思わずもう一言、 二言しゃべらせたくなってしまいます。

単調なアクションで飽きやすく忘れやすい “貯金”も、「バンクマン」の軽快なおしゃべりと表情で、過ぎし時代を振り返りながら楽しく続けられそうですね。

>> タカラトミーアーツ「タイムスリップ貯金箱 平成バンクマン/昭和バンクマン」

 

[関連記事]
お金を投入するたびに機内アナウンスが!こんな貯金箱ならどんどんお金を貯めたくなる

うぉっ!体もくねくねする!リアルさ満点の魚ロボット誕生!

リアル感ハンパない!新型モンキーが早くもキット化!

(文/&GP編集部)