コーヒーチェーンが送り出すコンセプトショップ3選【特集「コーヒー空間学」】

コーヒーチェーンが送り出すコンセプトショップ3選【特集「コーヒー空間学」】

コーヒーチェーンが送り出すコンセプトショップ3選【特集「コーヒー空間学」】の画像

【特集「コーヒー空間学」】
街の至る所で見かける有名コーヒーチェーン店。どこも画一的かと思いきや、実は特色のある店づくりをしている場所がある。そんなコーヒショップを紹介しよう。

■コーヒーと本の魅力が出会う場所

その場所に一歩足を踏み込むと、セピアでまとめられた空間が広がる。コーヒーのアロマの中に流れる静かなジャズ。その風景は、まるで古から時を刻んできた図書館のようだ。そう、池袋の近代的な商業施設の中に造られた『梟書茶房』は、大英図書館をイメージしたインテリアでまとめられている。

運営するのは、街中に人々の憩いの場になる店舗を持つドトールコーヒー。しかし、ここは特別だ。一般的なドトールのコーヒーは機械抽出だが、注文を受けてから一杯ずつサイフォンで淹れる。特別な「梟ブレンド」だ。高温で抽出して、冷めての美味しく飲める工夫が施されているのだ。つまり、ゆったりと本でも読みながら長時間過ごしてもらいたいというコンセプト。ソファや椅子も長居ができるデザイン。

そして天井から下げられたシャンデリアは、茶色い壁やテーブルに反射して優しい光を映す。それが訪れる人々の心を落ち着かせてくれる空間を作り出しているのだ。

もうひとつ特徴的なのは、表紙を隠した1231タイトルの文庫の書架が設けられていること。解説を読んで直感的に購入するのだ。何が出てくるかわからない。それもまた楽しみのひとつ。

コーヒーと本の意外な出会いを楽しもうではないか。

本と珈琲梟書茶房
住所:東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋4F
営業時間:10:30〜22:00(ラストオーダー21:30)
定休日:Esola休館日

 
■人と人が向き合う空間

『No.11』(ナンバー・イレブン)。この店名こそに意味がある。数字の1を人に見立て、互いに向き合う様子を表している。そこは対話の、出会いの場所、コーヒーを通じてコミュニケーションを結ぶ空間になることをコンセプトに演出されている。

イメージは50年代のアメリカ。室内にはモダンジャズが流れ、壁には当時のアルバムやミュージシャンのイラストが飾られる。その中に身を置くと、都会の喧騒の中でも心にホッとした一瞬が流れる。これこそがコーヒーと空間の調和が織り成す憩いの感情。忙しい毎日を過ごす現代人には、そんな時間が必要だ。

上島珈琲店No.11
住所:東京都港区新橋6-1-11 Daiwa御成門ビル
営業時間:7:00〜20:00(月〜金)、8:00〜18:00(土日祝)
定休日:不定休

 
■歴史が溶け込んだ時間を過ごす

古都、鎌倉。その歴史を象徴する鶴岡八幡宮に参ずる若宮大路。そこに建つ街並みと調和する建物の一角。実はこの場所は源頼朝の義弟、北条時房の屋敷跡。敷地内には、江戸後期から近代にかけて使用されていた井戸や鳥居、そして稲荷を再現し、この地の歴史的背景を物語る時の流れを再現している。

室内は木目を生かした和の造りにゆったりと82席を備えている。そこは和と洋そして時の流れが融合した空間だ。鎌倉散策の合間に、古都の歴史が溶け込んだ、シアトル生まれのスペシャリティーコーヒーを落ち着いて味わうことができるのだ。

タリーズコーヒー鎌倉鶴岡八幡宮前店
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-8
営業時間: 9:00〜20:00
定休日:無休

 

[関連記事]
バリスタ並の腕前を実現!IoT全自動コーヒーメーカーの仕組みとは?

こんなチョコなら食べてみたい!中煎りコーヒー豆を混ぜた「食べるコーヒー」

世界唯一のスターバックス自社農園で知ったコーヒーが直面する課題[コスタリカコーヒーツアー前編]

(取材・文/松尾直俊)