令和だからこそ、昭和・平成を懐かしむノートも使いたくなる

令和だからこそ、昭和・平成を懐かしむノートも使いたくなる

令和だからこそ、昭和・平成を懐かしむノートも使いたくなるの画像

ノート界の二大巨塔ショウワノートとコクヨが共同開発! 懐かしいデザインの「ジャポニカ学習帳」と「キャンパスノート」のミニノート「あのころノート」(162円)が数量限定で発売された。

この「れんらくちょう」の表紙、確かに見覚えがある!

平成が終わり、新しい令和の時代が始まるこの時に、当時と同じデザインのノートを手にとることで、子供時代の懐かしいエピソードや、甘酸っぱい青春時代を思い出すきっかけになって欲しい、という思いで開発されたのが「あのころノート」だ。

ジャポニカ学習帳からは、1970年に発売された初代のシリーズをはじめ、初代と同じ1970年代、1980年代、1990年代、2000年代の中から5種類のデザインをチョイス。製本や表紙のデザインだけでなく、付録の読み物も、各年代の発売当時のものを再現するこだわりようだ。

サイズはA7変形というミニサイズ。縦が約10センチと、全種コンプリートして並べたくなるかわいい大きさだ。ちなみに、本文は横罫で、大人でも使いやすい配慮もされている。

>> ショウワノート「あのころノート」

 

[関連記事]
紙の書き心地で手書きができる電子ノートでペーパーレスへ

「ノーブルノート」10周年!限定商品はグッとくるものばかり!

使いやすい2mm方眼に、高いデザイン性を兼ね備えた「ノーブルノート」

(文/&GP編集部)