コツさえつかめば小さくできる!テントのたたみ方【初めてのキャンプD】

コツさえつかめば小さくできる!テントのたたみ方【初めてのキャンプD】

コツさえつかめば小さくできる!テントのたたみ方【初めてのキャンプD】の画像

楽しいキャンプも終わり、あとは片付けるだけ! なのですが、たたみ方がわからずいつも収納袋に入らない……なんてことはありませんか?

空気を抜いてコンパクトにたたむコツがあるんです。

ただし、購入時の折りシワの通りにたたむと加工の劣化が進むので、収納袋の幅になるよう、少しずつたたむ位置を変えてみましょう。

 
[特集]初めてのキャンプ
@テントをたてる場所選び
Aタープのたて方
Bドームテントのたて方
Cキャンプリビングの作り方
Dテントのたたみ方
Eタープのたたみ方

 
1. まずはテーブル、テント、タープ以外を片付ける
最初に小物を整理し、雨やホコリで汚れていたらぞうきんなどで拭き取ってから片付けておきましょう。帰宅後のケアがぐっと楽になります。

 
2. テントを撤収
基本的に、設営の反対の順番で片付けていきます。

張り綱(ガイライン、ガイロープ)は1本ずつまとめ、ペグは汚れを落としておきます。

フライシートの片付けですが、ここは2人で作業するとスムーズです。

ひとりが前パネル、もうひとりは後部パネル側に立ち、それぞれパネル脇の張り綱を取り付けるループを持ち、天井部分を内側に折りたたむようにして二つ折り。

二つ折りの状態で地面に置き、両端の飛び出た部分を内側にたたみ、四角形を作ります。

収納袋の幅になるよう、中心に向かって両側からたたみます。同じ方向からたたむことで、フライシートの裾側は袋状にならず空気がきれいに抜けます。

次にインナーテントをたたみます。

インナーテントの前後パネルは、ファスナーを大きめに開いておきます。こうすることでたたんだときに空気が抜けやすくなります。

ペグを抜いたら、フロア部分を確認。湿気で濡れていたら乾かします。写真のようにテントをひっくり返してもいいですし、風がある日はフレームを抜いてから乾かしましょう。

フレームをはずします。スリーブからフレームを抜くときは、押し出します。設営時同様、引っ張らないようにしてください。

フロアを広げ、天井部分はそのまま下に落ちたようにジャバラにたたみます。これも2人で同じくらいの位置を持ち、折りたたむときれいにできますよ。

中心に向かって両側からたたみます。

さらに半分にたたみます。メーカーによっては1/3にたたむ場合もあります。収納袋の幅に合うよう調整してください。

フライシート、インナーテントを重ね、収納ケースに入れたポールを芯にして巻いていきます。

巻き終わったら、収納袋を被せて収めます。ペグや張り綱も忘れずに! もし、収納袋が小さくてファスナーが閉まらない場合は、ファスナー部分を横にして、体重で袋を抑えるようにするとパンパンでもファスナーを閉められます。

次はタープの撤収です。

 

[特集]初めてのキャンプ

[関連記事]
激安釣りセットで人気の「アイナメ」を釣ったら絶品級の美味しさでした

キャンプで手軽にエスプレッソ!電源不要のワカコ「ナノプレッソ」【アウトドア銘品図鑑】

「究極のMYO」で作った”ふわふわマヨ”を塗ったトーストは絶品でした!

(取材・文/大森弘恵 写真/田中一矢)