時計をゼロから作れる“独立時計師”が手掛けた珠玉の1本

時計をゼロから作れる“独立時計師”が手掛けた珠玉の1本

時計をゼロから作れる“独立時計師”が手掛けた珠玉の1本の画像

時代が令和に変わったのを機に身の回りの物も一新してみようと思っているなら、まずは時計を新調してみるのはいかがですか。“独立時計師”が手掛けた特別感あふれる1本が登場です。シンプルなデザインの中に、何か秘めたパワーが感じられるスタイリッシュさ。そもそも“独立時計師”ってなんなんでしょうか。

独立時計師とは、歯車や振り子などの部品をはじめ、時計をゼロから作り上げる作家のこと。現在、世界には独立時計師が十数名ほどいると言われていますが、その中で今、最も注目されている作家のひとりである浅岡肇氏。氏がデザインから設計まで手掛けた機械式自動巻腕時計「CHRONO TOKYO(クロノトウキョウ)」(18万円/税別)が発売されました。

手作りとハイテクの融合から生まれる“理想の機械式時計”は、まさにアナログからデジタルへと移行した平成から、さらなる進化を遂げていく令和という時代にピッタリと言えそうです。

このモデルには、製造に手間のかかるボンベダイヤル(文字盤中央が盛り上がっている)を採用。中央部は緩やかなカーブ、 そして外周部が急激に落ちている形状が特徴で、 ボンベダイヤルと組み合わせると針のクリアランスを保ったまま、 外観を薄くできるメリットがあります。

デザイナー自身が日常で使用するのに最高の時計をイメージして作り上げたという「CHRONO TOKYO」。生産数はどちらのカラーも限定100本。仕様は、機械式自動巻(Cal.MIYOTA 90S5)24石、 28,800振動/時、 パワーリザーブ40時間/3気圧防水/外径37mm/316Lステンレススティールケース/カーフレザーバンド。時計専門店TiCTACの直営オンラインストアにて取り扱い。

こだわりを持つあなたの腕にも、きっととマッチするはずです。

 

>> TiCTAC

 

[関連記事]
ケースもベルトも箱もエコ!デザインにも妥協ナシなソーラーウォッチ

シンプルなのに個性的!色とカタチの基本を細部に落とし込んだ腕時計

ミニマルに落とし込んだクロノがビジネスシーンに映える!

(文/&GP編集部)