毎週、刀剣の世界に浸れる!その名もズバリ『週刊 日本刀』

毎週、刀剣の世界に浸れる!その名もズバリ『週刊 日本刀』

毎週、刀剣の世界に浸れる!その名もズバリ『週刊 日本刀』の画像

刀は男子の永遠の憧れです。とはいえ多くの人の場合、手に入れた刀剣と言えば修学旅行で自分へのお土産に買った木刀がせいぜいというところ。せめて本の中でだけでも、刀剣の世界にどっぷり浸れたら…。そんな男心を余すことなく満たしてくれる雑誌が、デアゴスティーニ・ジャパンから5月28日に登場します。

全101号をファイリングすれば、日本刀の世界を全て網羅したビジュアル日本刀大図鑑が完成です。本物は無理でも、美しき図鑑の中で、国宝級の日本刀を手にできますよ。

ディアゴスティーニ・ジャパンから創刊される『週刊 日本刀』は、2000振り以上もの日本刀をビジュアルとともに体系的にまとめたマガジンシリーズ。創刊号は特別定価の199円、第2号以降は通常定価690円で、刊行号数は全101号を予定しています。

国宝・重要文化財を中心とした名刀を新たに撮り下ろし、精緻美術印刷した原寸大のカラー写真を毎号掲載します。刀姿はもちろん、肉眼では確認できない刃文を特殊撮影で浮かび上がらせ、日本刀の美しさをじっくりと堪能できます。

『週刊 日本刀』は全9章で構成されており、歴史上の人物と刀にまつわる知られざるエピソードや、日本刀を作る刀匠、刀装具などの日本刀の美術工芸品としての側面など、さまざまな角度から日本刀にフォーカスしていきます。

美麗なカラー写真を中心に、イラストや拡大写真も掲載。日本刀剣界を牽引する4団体(公益財団法人日本刀文化振興協会、公益財団日本美術刀保存協会、全日本刀匠会、全国刀剣商業組合)と専門家の協力のもと、歴史的な資料や専門書の内容をわかりやすい文章で解説し、まるで学芸員にガイドしてもらうように日本刀の魅力をたっぷり知ることができます。

5月28日発売の創刊号は村正、第2号が長光、第3号が正宗、第4号が虎徹、そして第5号が石切丸と、近刊ラインナップも充実。なお創刊号には、本誌を傷つけることなく美しい状態で保管できる専用特製バインダーが1冊無料で付属します。男のロマン、ここにあり!

>> デアゴスティーニ・ジャパン『週刊 日本刀』

 

[関連記事]
信長?正宗?それとも竜馬?英雄の刀のハサミ、その切れ味やいかに

インテリアとしても飾りたくなる?日本刀と鎧をモチーフにしたキッチングッズとは?

新選組人気隊士の愛刀を再現!もちろん切れますよ、紙が

(文/&GP編集部)