カゴじゃなくてコンテナ標準装備!こだわり仕様の電動アシスト自転車です

カゴじゃなくてコンテナ標準装備!こだわり仕様の電動アシスト自転車です

カゴじゃなくてコンテナ標準装備!こだわり仕様の電動アシスト自転車ですの画像

いまや日常用自転車の多くが電動アシスト付き自転車になりました。通勤時はもちろん、小さいお子さんのいる家庭や荷物を積んで走ることが多い方などにとっては欠かせない必需品ですよね。

自転車専門店を展開するあさひから発売される特別仕様モデルは、これから電動アシスト機付き自転車の導入を考えている方にとって最適の仕様を備えていますよ。

 

「PAS CITY-C あさひ特別仕様モデル」(11万円)は、株式会社あさひの創業70周年を記念した数量限定モデル。ヤマハ発動機が製造している人気モデル「PAS CITY-C」がベースですが、販売価格が通常モデルより9880円も安く、さらにオプション品のリアキャリア(4140円)とコンテナバスケット(4580円)が付属品として標準装備されている、非常にお得な仕様です。

12.3Ahバッテリーを搭載し、約3.5時間のフル充電で48km(強モード)/61km(標準モード)/83km(オートエコモード)の長距離稼働。内装3段変速ギアを備え、道路の状況に合わせたギア調整が可能です。自転車本体の重量は21.4kgで、タイヤサイズは20型。適応身長は140cm〜となっており、乗り降りがしやすい低床コンパクトフレームで女性の方でも安心です。カラーはマットオリーブ(ツヤ消しカラー)のみで展開されます。

あさひ公式ネット通販・サイクルスペースあさひネット店限定の販売で、現在は同HPにて予約を受け付け中。発売は5月中旬が予定されています。

>> サイクルベースあさひ

 

[関連記事]
通勤やサイクリングがグッと快適になる本気スペックのE-BIKE誕生!

縦型にたためるって便利!直立するから置き場所を選びません

コスパ抜群!この自転車、折り畳み&電動アシストで約7万円!

(文/&GP編集部)