全ページ袋とじ!? 読んで楽しい見て楽しいデザイン本が面白い

全ページ袋とじ!? 読んで楽しい見て楽しいデザイン本が面白い

全ページ袋とじ!? 読んで楽しい見て楽しいデザイン本が面白いの画像

“デザイン”という言葉を聞いて、皆さんどんなイメージを持たれますか? 調べてみると “審美性を根源に持つ計画的行為・意匠・設計・創意工夫” といった意味合いが表示されますが、正直、きちんと定義しきれず、捉え方も抽象的になりがちです。

そんな “デザイン” をについて、“読む” と “見る” というふたつの観点から紐解いていく、全ページ袋とじの斬新なデザイン本が、6月20日に発売されます。気になる内容を一足先にチェックしてみましょう。

詩人・小説家(最果タヒ)、ライター・編集者(速水健郎)、皮膚科学研究者(傳田光洋)、詩人(山田亮太)、フォトグラファー(和田裕也)、クリエイティブ・ディレクター(藤井賢二)、コミュニティーデザイナー(岡崎エミ)という、各分野で活躍している7名の著者が、それぞれの視点からデザインを紐解いていく「デザインじゃない デザインのはなし」(3000円/税別)。

全ページ袋とじのこの書籍は“デザイン視点の拡張”をテーマに “読む” と “見る” の2部構成になっています。

“読む” ページでは、多様な状況に対応することが求められるデザイナーやクリエイターが、オムニバス形式で詩や論考などを書き下ろし。“見る” ページでは写真家、イラストレーターがビジュアル表現を展開。付属のペーパーナイフで袋とじを切り開くという表現方法もユニークです。

ページを構成した著者の多様な表現には、新たなデザイン視点が数多く散りばめられています。現在、web・書店にて予約を受付中。視点の引き出しを増やしたい、アナタにおすすめの1冊です。

>> たき工房「デザインじゃない デザインのはなし」

 

[関連記事]
毎週、刀剣の世界に浸れる!その名もズバリ『週刊 日本刀』
普段使ってるそれ、描いてみない?SNSで話題の本でスケッチ方法を覚えてみよう

仕事のモチベーションを上げる、こだわりの万年筆って一本欲しいよね!

(文/&GP編集部)