この春のカーナビ大本命!9インチモデル5選【カー用品欲しいモノ大全】

この春のカーナビ大本命!9インチモデル5選【カー用品欲しいモノ大全】

この春のカーナビ大本命!9インチモデル5選【カー用品欲しいモノ大全】の画像

この春から社会人になったり、新車を購入したり、クルマ生活が一変している人も多いだろう。普段頑張っている自分へのご褒美にぜひ手に入れたい、カーグッズプレス編集部オススメのカー用品を紹介! 今回は9インチモデルのカーナビだ。

■見やすさはもちろん操作性も大きく向上する!
ここ数年、トヨタ新型車のカーナビスペースは従来の200mmワイドサイズから、トヨタ純正9型ナビサイズへと拡大。これに合わせてトヨタ純正9型ナビと同じサイズを持つ市販モデルが各社から続々とリリースされている。

また、国産車350車種以上に装着できる優れた汎用性を持つ9型大画面ナビ「ストラーダFシリーズ」も高い人気を誇っている。2DINサイズや200mmワイドサイズなど一般的なカ ーナビに搭載されている7型画面に比べ、9型画面は約1.7倍の面積を持つ。

そのため地図上の文字やアイコンが格段に見やすく、走行中でも素早く情報が読み取れるようになる。AVソースについても迫力のある映像が楽しめるようになる。後付けでモニターを追加しなくても後席から十分に見られる大きさだ。

また、タッチパネルの操作性が向上する点も見逃せない。画面に表示するアイコンのサイズも拡大されるので押し間違いがなくなるわけだ。大画面化はユーザーにとってメリットばかり。今春は9型ナビにぜひ注目してほしい。
▼見やすい角度に画面が振り向き、ブルーレイが車内で鑑賞できる
パナソニック
「ストラーダ CN-F1XVD」(実勢価格:18万円前後)

独自のDYNABIGスイングディスプレイを搭載し、2DINサイズながら9型大画面を実現。国産車350車種以上に美しく装着ができ、左右スイングをはじめとした多くの調整機能も備えている。

安全・安心運転サポート機能では、ゾーン30エリアを地図上に表示するとともに制限速度の超過を知らせたり、逆走を検知したりして警告する。ブルーレイディスクの再生やハイレゾ音源対応などエンタメ面も充実している。

 
▼「スマートループ」や「VICS WIDE」にも対応
カロッツェリア
「楽ナビ AVIC-RQ902」(実勢価格:13万円前後)

ディスプレイパネルにはWXGA仕様を搭載。一般的なカーナビのWVGA仕様に比べ、約2.4倍も高精細。地図上の文字やアイコンのシャープさはワンランク上だ。通信モジュールやスマホを介してカロッツェリアだけのスマートループ情報が取得可能。

全国約70万kmの道路をカバーする渋滞情報のほか駐車場満空情報やガソリンの最新価格情報を取得できる。詳細な天気予報が見られるのも便利。

 
▼高画質・高音質・高速レスポンスを徹底!
ケンウッド
「彩速ナビ MDV-M906HDL」(実勢価格:15万1200円前後)

シリーズ初のHDディスプレイ搭載機で、圧倒的な解像度により地図もAVソースもなめらかで美しい映像を実現。しかも業界トップを誇る操作レスポンスを備え、ストレスのないスピーディなスケール切り替えやスクロールが行える。

また、新開発のオーガニックGUIは地図画面上に走行情報や安全サポート情報、再生中のAVソースなどを表示し、ドライバーに必要な情報を一目で確認できる。

 
▼ハイレゾ音源や人気のメディアも美しく再生
クラリオン
「NXV987D」(実勢価格:17万8000円前後)

高精細な9型HDディスプレイを搭載し、地図、AVソース、ツール、アプリの4種類の画面を同時に表示。しかも表示場所をドラッグ操作で自由に入れ替えられる。また、スマホと案内ルートを共有できるDoor to Doorナビゲーションや、車載用フルデジタルサウンドシステムとのデジタル接続機能も搭載する。

 
▼車種ごとの音響特性に合わせてサウンドチューニング
アルパイン
「ビッグX X9Z」(実勢価格:23万3000円前後)

アルパインのカーナビは全モデルが車種専用設計で、音響チューニングやバックカメラガイド線、オープニング画面などが装着車に合わせられている。また、音声で切り替え操作ができるカメラシステムや、高画質&大画面の後席モニターなど拡張ユニットが充実している点も見逃せない。

>> 【特集】カー用品欲しいモノ大全
本記事の内容はCarGoodsPress88号16-17ページに掲載されています
 

[関連記事]
もうヒヤッとしない!クルマの“死角”をなくそう大作戦!

使って判定!100均カー用品25商品ガチ通信簿

徹底比較!AV一体型カーナビ vs. 無料カーナビアプリ

(文/CGP編集部)