ミズノのハイエンドスニーカー、初コラボの相手はBEAMS

ミズノのハイエンドスニーカー、初コラボの相手はBEAMS

ミズノのハイエンドスニーカー、初コラボの相手はBEAMSの画像

今年の3月にリリースされた、MIZUNOのハイエンドスニーカー「WAVE CREATION WAVEKNIT」より、BEAMS(ビームス)を迎えた初コラボレーションモデル「WAVE CREATION WAVEKNIT BEAMS」が登場しました。

グレー×ブラックのチェッカー柄のニッティングアッパーとシルバーのプラスティックパーツが印象的な、精悍な一足です。

MIZUNOの最新技術を駆使したハイエンドパフォーマンスモデル「WAVE CREATION WAVEKNIT」。その特徴は、2枚の波形プレートで構成される「INFINITY WAVE(インフィニティウエーブ)」の間に新しく開発されたPUフォームを挟んだ最新版のソール構造と、軽量で柔らかなミッドソール素材 “U4icX” 。

この組み合わせにより、ソフトなクッションニングと安定性を兼ね備え、着地の力を吸収しながら次の蹴り出しに活かす高い反発性を生み出しています。

また、アッパーにはパフォーマンスモデルで定評のある、高いストレッチ性を備えた「WAVEKNIT(ウエーブニット)」構造のニッティングアッパーを採用し、足をサポート。履き口はブーティー構造で、その両サイドに施したプラスティックパーツによってフィット感とホールド性をアップしています。

このハイエンドモデル最新作が初コラボレーションにBEAMS(ビームス)を迎え、「WAVE CREATION WAVEKNIT BEAMS」が誕生しました。ビームスといえば、MIZUNOが昨年より始動した、世界中のキーアカウントとパートナーシップを構築するグローバルプロジェクト「KAZOKU(カゾク)」の一員としてもおなじみのブランドです。

野球の金属バットからインスピレーションを受けたというコラボモデルは、ニッティングアッパーにグレー×ブラックのチェッカー柄と、プラスティックのシルバーを採用。ソールをブラックで統一し、精悍な印象に仕上げています。

ミッドソール外側のポッティングバッジとインソール、シューレースには、BEAMSのロゴを配するなど、コラボモデルならではのスペシャル感も満載です。

価格は2万1000円(税別)。取扱い店舗は新宿・BEAMS JAPANのみなので、手に入れたい人は店頭へ足を運んでみては。

>> MIZUNO「WAVE CREATION WAVEKNIT BEAMS」

 

[関連記事]
インスタポンプフューリーの進化モデルがゴールドを纏って復刻!
ニューバランスが最高傑作と宣言する「990v5」の魅力とは?

ちょっぴりカラフルなメレルは春の街歩きにピッタリ!

(文/&GP編集部)