雨の日の安全運転を助けるひらひら防止ポンチョ

雨の日の安全運転を助けるひらひら防止ポンチョ

雨の日の安全運転を助けるひらひら防止ポンチョの画像

急な雨には手軽に羽織れるポンチョが便利だけど、自転車だと裾がめくれ上がるのが危ないかも…。そんな自転車通勤者の悩みに向き合い、めくれ上がりを防止するなど、雨の日の自転車通勤での安全性・快適性を追求したコンパクトなポンチョが登場!

スタンダードモデルの「サイクルポンチョ DRW329-BK」(3000円/税別)と、ハイスペックモデルの「パッカブルサイクルポンチョ DRW343-BK」(4800円/税別)の2種があり、いずれも自転車だからこそ起こりうる危険を想定し、回避できる仕組みを備えている。

まず、雨の侵入を防ぎ視界を確保できるつば付きフードを採用。また、一般的なレインウェアのフードだと、後方確認時にフードで視界が遮られるが、これは後頭部のドローコードで頭にぴったりフィットするので、振り返るときも邪魔にならない。

ポンチョ前面に親指を通せるサムベルトを、背面にズボンと固定できるサスペンダーを配置し、風でめくれ上がらないように固定できる。首周りには防水ファスナーを採用。リフレクタープリントで夜間走行時も安心だ。

加えてハイスペックモデルのポンチョ背面は、面ファスナーで拡張・収縮が可能。バックパックを背負った上からラクに羽織れる。また、着用時に肩部分のショルダーベルトに手を通しておけばラクに脱げ、脱ぐとき濡れを防いでくれる。ハングループつきで、干す際も便利だ。

パッカブル仕様で、使わないときには小さく畳める。サドル下に積んでおけば、急な雨でも安心だ!

>> ドッペルギャンガー「パッカブルサイクルポンチョ」

 

[関連記事]
ポンチョ付きバックパックなら急な雨でも心配なし!

見た目より実用性!フード&ポンチョ付きリュックなら突然の雨も怖くない!

防水性・透湿性、軽量性。全てを備えた高コスパなレインウエア

(文/&GP編集部)